戻る


オレオレ詐欺グループ 受け子と出し子に保証金払わせる理由

オレオレ詐欺グループ 受け子と出し子に保証金払わせる理由

写真拡大

 東京・江東区で起きた強盗殺人の容疑者3人が逮捕された。今年になって渋谷区で起きた強盗事件とも関連していると見られており、オレオレ詐欺グループが「アポ電」を利用して強盗も繰り返していたことで防犯への関心が高まっている。昨年、約350億円もの被害を出している特殊詐欺の世界だが、500億円を超えていた時代よりも儲からないからと粗暴になってきたらしい。ライターの森鷹久氏が、共食いの様相もみせ始めているオレオレ詐欺の変質についてレポートする。

 * * *
「オレオレ(詐欺)は儲からないですからね。オレオレで使う金持ち、高齢者とかの名簿を使った空き巣や強盗、不動産投資詐欺が拡がりつつある。あとは…オレオレ詐欺関係者同士で“共食い”するパターンもあります」

 こう証言するのは、関西地方を拠点に活動してきたあるオレオレ詐欺グループの元幹部(30代)。そして、儲からなくなったことで、詐欺グループのあり方が変わってきたと続ける。

 元幹部の後輩が運営するオレオレ詐欺グループでは、受け子や出し子により指示役が騙されたり脅迫されたり、もしくは受け子や出し子が別の詐欺グループの関係者に襲撃されるなどして、詐欺で得た金品が奪われる“事件”が続出しているのだという。それは、グループのメンバーとして新たに集められている人間の質が変化してきたからだ。

「受け子や出し子は、今やネット掲示板やSNSに書き込まれた“高額バイト募集”などの書き込みによって集められます。以前は(電話の)かけ子や詐欺グループに近しい“信頼できる”後輩などの人材にやらせていましたが、あまりにも捕まるリスクが高く、誰もやりたがらない。金に困っていたり、ネットを見て集まってくるような考えの浅い連中なら、高額報酬に目が眩んで簡単にやってくれます。しかし連中は、本当に質が悪い」(元幹部)

 かつてのように、地元の先輩や後輩といったような繋がりがもともとある場合は、報酬や仕事内容の不満が理由で、グループが内側から崩壊するようなことは滅多になかった。ところが最近では、いつ部下に裏切られるか警戒するのが普通になっている。これは、彼が知るグループが特殊なわけではない。

 詐欺師グループ内部の「仲間割れ」を発端としたトラブルの事件化は、以前から存在はしていた。2004年には当時隆盛を極めた「架空請求詐欺」に関わった男らによる凄惨なリンチ殺人事件が発生した。近年でも、振り込め詐欺に関与した高校生同士による暴行事件が起きた。それぞれ発生した時点では、一部の特殊なグループで起きた出来事だと受け止められていたのが、最近ではそのような経過を辿ることの方が“普通”だと見做す傾向にある。

 どのような詐欺案件でも、関わる人間が増え、当局に睨まれれば睨まれるほど、詐欺師グループメンバーの統制が取れなくなる。オレオレ詐欺においても、こうして詐欺の受け子や出し子の“クオリティ”が下がった結果、詐欺の現場で得た金を、持ち逃げしたり、上納金を過少に申告するなどする者が現れだした。受け子や出し子が指示役に対して「警察に話す」「詐欺であることをバラす」と強気に出てきて、自身の報酬を釣り上げるようなパターンもあるという。

 彼らの勘違いした強気をくじくため、オレオレ詐欺の世界では、受け子や出し子に保証金や立替金を支払わせるのが当たり前になってきているのだ。「受け子や出し子を募集する際に、相手に前払いの“保証金”を払わせる。額は10万とか20万とか。成功した場合は保証金の全額と報酬を渡す。この10万すら払えない連中は相当に切羽詰まっているか、ハナから持ち逃げをやろうとしているか。補償金でその人間を見極めて、仕事をふらないようにすることもある」(元幹部)

 奇妙に聞こえるかもしれないが、オレオレ詐欺が求める人材には、悪人として絶妙なバランスが要求されている。他に努力する方法があるにも関わらず、楽をしてすぐに儲けられる方法を選んでしまうくらいには善悪の感覚が麻痺してはいるものの、何をしても平気なわけではない程度に金がほしいという人たちだ。それが、今では必要とされる以上の悪事に踏み出す人間が集まってくるようになってしまった。

 そういった人材の質低下が影響しているのか、この一年ほどで、関係者らがさらわれたり、襲撃されることも珍しくはない。「ハタキ」や「カスリ」といった隠語を使い、オレオレ詐欺の出し子や受け子を狙い撃ちにするような連中が登場したという。東京在住の元受け子の男性が語るのは、オレオレ詐欺の世界が想像以上に“無法地帯”になっていることを如実に表すエピソードだ。

「オレオレの末端(受け子やかけ子)がネットで募集されるようになると、いろんな地域の奴らが出張で集まったりして、その現場だけの即席チームが作られるようになった。関西に行った時は“カスリ”とか“ハタキ”の仕事も請け負った。仲間の受け子を騙して、詐欺で得た金を騙し取るのがカスリ、ハタキはそのまま叩いて奪っちゃう。こうした隠語は、それぞれの地域によって違ったり、微妙にニュアンスが変わってゆくが、元々詐欺の世界で使われてきた言葉から生まれている。

 ネット上で交渉している時は“ダシウケ(出し子や受け子)の仕事だよ”って説明されていたのに、現場行ってみると奪え殴れと指示される。最初はブルった(緊張した)けど、やってみるとこっちのがサツ(警察)にバレにくいし、犯罪やってるわけだから相手も訴えてこない。抵抗されたらガラ(体)さらって山に捨ててくればいい」(元受け子)

 世間を騒がせている深川の「アポ電」強盗殺人事件について大手紙警視庁担当記者は、いわば詐欺師の"未熟さ"が大いに関係していると説明する。

「パクられた三人のうち、少なくとも二人はSNSで地元・長野の友達などに詐欺仕事の勧誘をしており、詐欺で得た金で買ったロレックスや札束の写真をあげて自慢していた。飲み会では詐欺の仕事をやっていると吹聴して回り、江東区で起きた事件については“仲間が殺した”と酒を飲みながら告白していたほど。普通、詐欺師が自分で詐欺をやっているとは言わないでしょう。詐欺で稼いでは全てを使い果たしたのか、すぐに友人に金の無心をする。すでに金銭感覚が麻痺しており、金がないと焦るあまり、タタキ(暴行)や殺しなど手荒いことをやってしまう。連中があまりに未熟だから起きた事件でしょう」(警視庁担当記者)

 容疑者のうち一人が、深川での事件の直前に知人に金を借りようとしていたという一部報道もある。その借金は、前述したような、新たな詐欺に加わるための“保証金”だったのか定かではない。彼らのような詐欺師たちの劣化が、さらに悲惨な事態を引き起こすことにならないか。「オレオレ詐欺」を取り巻く環境の激変に、我々市民はどう対峙していけば良いのか。警察・司法当局による取り締まりの強化を切に願うことくらいなのか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網