戻る


サネ危機一髪!足がグニャリの「恐怖タックル」に、レーフ監督も怒る

サネ危機一髪!足がグニャリの「恐怖タックル」に、レーフ監督も怒る

写真拡大 (全3枚)

20日にフォルクスワーゲン・アレーナで行われた国際親善試合ドイツ対セルビアは、1-1というスコアで終了した。

しかし最も注目を集めてしまったのは試合終了間際の1プレー。セルビア代表で途中出場したFWミラン・パヴコフが、ルロイ・サネに対するタックルで一発退場したのだ。

さらにそのタックルは脚を横から激しく踏みつけるものであり、サネの足首と膝に対して大きな圧力がかかっていた。

ドイツ代表のヨアヒム・レーフ監督は試合後に以下のように話し、パヴコフのプレーを批判したという。

ヨアヒム・レーフ

「あれは悪質なファウルだった。サネは大きな怪我をせずにラッキーだったよ。

あのようなタックルはしばしば骨折を招くことがあるものだ」

この試合ではコーナーキックから12分にセルビアが先制。ドイツのクリアボールがセルビアの選手にあたり、跳ね返ったところをルカ・ヨヴィッチが押し込んだ。

しかし後半にセルビアのパスミスからドイツがショートカウンターを成功させ、途中出場のレオン・ゴレツカが同点ゴールを決めている。

【関連記事】EURO予選に出場する「10代の天才選手」10名

ドイツ代表はこのあと敵地に乗り込み、24日にオランダとのEURO2020予選を戦う予定となっている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網