戻る


“小室さんのお母様はいまどこ?” 美智子さまを苛立たせる「婚約問題」三つの点

美智子さま

写真拡大

「美智子皇后」を苛立たせた「小室圭さん母」の沙汰無し(1/2)

 実に202年ぶりとなる生前退位が実現し、5月1日には御代替わりと相成る。新天皇・新皇后のお出ましも早まり、祝賀ムードは高まるばかりだが、皇室では今なお「小室さん問題」が暗い影を落としている。とりわけ、皇后さまがいたく焦燥を募らせておられ……。

 ***

〈小室さんのお母様は、いまどこにいらっしゃるの〉

〈なぜ、誰も把握できていないのかしら〉

 焦慮に駆られるようにして、皇后さまは最近、しきりと側近にお尋ねになっているという――。

 間もなく、御代替わりを挟む形で、我々がかつて経験したことのない「10連休」が到来する。旅行業界が活況を呈する一方、銀行のATMや病院の休日診療はどうなるのか、あるいは新学期を迎えたばかりの子が生活リズムを崩すのではないかといった、大型連休ならではの“副作用”も、巷では取り沙汰されている。

美智子さま

 そんな中、即位された新天皇、そして新皇后が初めて国民の前にお姿を見せられる日取りが、大幅に早まることが決まった。さる3月4日の宮内庁の定例会見で、

「10月26日に予定されていた皇居での一般参賀が、連休中の5月4日に前倒しされることが発表されました」

 とは、宮内庁担当記者。

「元々は平成の代替わり時を踏襲し、10月22日の『即位礼正殿の儀』の後を想定していました。会見した西村次長によれば『なるべく早く実施した方がよいという声が、複数寄せられた』とのことで、庁内で検討し、皇太子さまにもご了承を頂いたというのです」

 日程については、両陛下にもご相談したところ、

「『5月1日以降のことは東宮に任せている』とのお考えを示されたといいます。そのご意向通り、この一般参賀には、退位される陛下と皇后さまはお出ましにならないこともあわせて発表されました」(同)

 が、そうした慶事の前に立ちはだかっているのが、秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんとの婚約問題であるのは言うまでもない。

本来であれば2月中に…

 さる宮内庁関係者が言う。

「この問題はもはや、平成のうちに解決をみないことが決定的です。それは宮内庁や皇室が思い描いていたプロセスから大きく外れ、文字通り“計算違い”の様相を呈しているのです」

 というのも、

「昨年2月6日、宮家の事務を統括する宮務主管が、眞子さまと小室さんとの結婚に関する一連の行事を『2年後に延期』すると発表しました。その前の年の暮れから、小室さんの母の佳代さんが、かつての婚約者との間に400万円を超す金銭トラブルを抱えていることが報じられ、これが“延期”の大きな要因となったわけです。が、宮内庁ではそもそも、この件については“無期限延期やむなし”という共通認識があり、その方針を固めていました。すなわち凍結したまま“自然消滅”となる流れを見込んでいたわけですが、いざ発表の段になって『2年後』との表現が用いられたのです」(同)

 それは世間に及ぼす影響、さらに他ならぬ眞子さまのお気持ちも斟酌した上での苦渋の“言い換え”だったといい、こうした宮内庁の「真の方針」を裏付けるかのように、皇后さまもかねて周囲にこう話されていたのだった。

〈本来であればこの件は、2月中に解決していなければならないはずです〉

 それは取りも直さず、2月24日に国立劇場で催された政府主催の「御在位三十年記念式典」を指していた。皇后さまが、初孫である眞子さまの身をことのほか案じられ、問題解決へと心を砕いてこられた経緯はこれまで報じられており、

「新時代を迎えるにあたり、祝賀ムードに水を差してはならない、何とか平成のうちに解決を、という強いご意向が拝察されたのですが、残念ながら、ことは決して望まれた通りには進んでいません」(同)

危惧される三つの点

 現在、解決の糸口がいっこうに見えない“小室問題”において、皇后さまはもっぱら三つの点を危惧されているという。

「まず、小室さん自身の胸中です。米国留学をいつまで続け、将来的にはどこでどのように生計を立てていくのか、そしてその際、眞子さまとの関係をどう考えているのかという点です」(同)

 さらに、決して少額ではない留学費用のやり繰りについても、思いを巡らせておられるといい、

「小室さんが返済不要の奨学金を受給し、さらに勤務先の法律事務所から貸与の形で生活費を支給されているといった報道は、もちろん皇后さまもご存じです。その上で、現地の物価にも言及され『ニューヨークというのは、暮らすだけでもお金がかかるところでしょう。それはどこから、どのようになさっているのかしら』と、大いに疑問を抱かれているのです」(同)

 そして三つ目が冒頭でも触れた通り、一連のトラブルの“当事者”である小室さんの母・佳代さんの消息だというのだ。

 御所の事情に通じる、さる人物が明かすには、

「皇后さまは『一体どうなっているのですか。なぜ誰も(居所を)把握できていないのですか』と、焦燥を募らせておいでです。“破談”が既定路線とはいえ、小室さんは今なお眞子さまの婚約内定者として、国内では警察の警護対象となっている。その実母であり、結婚行事が延期される原因となった佳代さんが、まるで行方不明のような状況であることをあるまじき事態だと捉え、強く憂慮なさっているのです」

 佳代さんは、勤務先の洋菓子店を長らく休んでおり、また小室さんが8月に渡米してからは、メディアもその消息を掴めずにいる。それもあって、近況を報じる際には“消えた”“失踪”“蒸発”といった、穏やかならざる言葉が躍ってきたのである。

 この人物が続けて、

「そうした状況を前に皇后さまは、おもに警察出身の側近などに『(佳代さんの)情報は入ってこないのですか』『それを集めて報告するのも、お仕事でしょう』などと、時として苛立ちを露わになさる場面も見受けられるのです」

(2)へつづく

「週刊新潮」2019年3月21日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網