戻る


新型プジョー508はクーペのような美しすぎるデザイン! 革新的な中身で走りも期待大

独創的な内外装は他に類を見ないデザイン

 プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年3月20日、プジョーブランドのフラグシップとなる「508」の日本仕様を発売。8年ぶりとなるフルモデルチェンジで車両全体に大胆なデザインを施し、サルーンの概念を大きく変えてきた。新型508はリヤエンドに向けて一気に傾斜するルーフラインを持つ「4ドアファストバック」となり、低くて美しい、スポーティなデザインに仕上がっている。

 ボディサイズは全長4750mm、全幅1860mm、全高1420mmと先代モデルに比べてコンパクトに仕上げられた。とくに全高を先代比で35mm下げたことで、よりワイドで独創的なプロポーションとなっている。フロント部は切り立ったフロントグリルとフルLEDライトで構成したことで、引き締まった印象を与える。ドアは窓枠のないサッシュレス構造とし、ボディの滑らかさを引き立たせている。

 インテリアには、外観に呼応する「Peugeot i-Cockpit」を採用。ヘッドアップディスプレイ(HUD)には6種類の表示モードを設け、オーナーの好みに応じてカスタマイズできる。HUDは運転席から見やすいステアリングホイールの上部に位置しており、ドライバーの視線移動を最小限に抑えることで、安全性をも高めた。また、インパネ中央にはナビや空調、ラジオなどの主要な機能にダイレクトにアクセスできる7つのトグルスイッチを下部に配した8インチのタッチスクリーンを装備している。

大きく進化した先進安全装備を採用

 また、プジョー・シトロエン・ジャポンで初となる「第2世代アクティブセーフティブレーキ」をはじめとする先進運転支援機能を揃えた。

 第2世代アクティブセーフティブレーキは、現行のアクティブセーフティブレーキのカメラ品質を高めて二輪車や夜間の検知精度を向上、接近警報も備えている。

 ほかにも、前方最大約200mを赤外線カメラが監視して歩行者や野生動物の映像をインストルメントパネルに投影するナイトビジョンや、レーンポジショニングアシスト、駐車時のステアリング操作に加えてシフトチェンジやアクセル、ブレーキまですべて自動でコントロールする、フルパークアシスト&360度ビジョンをプジョーで初めてオプション設定した。

 ボディは高剛性や軽量化に貢献するプラットフォーム「EMP2」をベースに使用し、先代モデルより平均で70kgの軽量化を実現したほか、最小回転半径を改善し、先代比0.4m減の5.5mとした。また、アクティブサスペンションを採用したことで、4つのドライブモードと連動し、好みに合わせた設定に変更できる。

 パワートレインは、WLTCモード燃費が16.9km/Lで、CO2排出量がクラス最小レベルと定評のある2リッター直4クリーンディーゼルターボの「Blue HDi」と、JC08モード燃費が14.1km/Lのダウンサイジング1.6リッター直4ガソリンターボエンジン「Pure Tech」をラインアップ。Blue HDiは最高出力177馬力/3750rpm、最大トルク400N・m/2000rpmで、Pure Techが最大出力180馬力/5500rpm、最大トルク250N・m/1650rpmを実現した。

 グレードはガソリンエンジン搭載モデルの「508 Allure(アリュール)」と「508 GT Line」、ディーゼルエンジン搭載モデルの「508GT」という3つを用意しており、トランスミッションはいずれも8速AT(EAT8)を組み合わせる。ボディカラーは「アルティメット・レッド」をはじめとする7色を展開する。車両価格は417万円〜492万円(消費税込み)。

 さらにこの先の展開も予定されており、508のステーションワゴンタイプは今夏に国内発表、発売する見込みで、プラグインハイブリッド(PHEV)モデルの登場も2020年に予定されている。クルマの電動化の動きに合わせてパワートレインの選択肢を増やすことによって、「プジョーを世界トップの多様性を持つオートモーティブブランドにすること(プジョーのジャン・フィリップ・アンパラトCEO)」という目標達成に向けた足がかりになるだろう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網