戻る


Googleのメールアプリ「Inbox」は4月2日提供終了。一部機能はGmailに移植済み

Googleのメールアプリ「Inbox」は4月2日提供終了。一部機能はGmailに移植済み
米Googleのメールサービス「Inbox by Gmail(以下、Inbox)」が2019年4月2日に終了することが、正式に発表されました。

Inboxは2014年10月にリリースされたメールアプリで、メールをタスクとして優先順位をつけて管理できる「スヌーズ機能」が特徴です。またリマインダの統合や内容による自動分類など、先進的な機能が盛り込まれています。

しかし2018年9月には、GoogleがInboxを2019年3月に終了させると発表。さらに先日にはInboxのユーザーに対し、サービスが15日後(4月2日)に終了することが通知されたのです。なお、4月2日にはGoogleのSNS「Google+」の一般向けサービスも終了します。

なお、Inboxのスヌーズやスマートリプライなどのいくつかの機能はGmailに移植されています。また、InboxからGmailへの移行ガイドも公開されており、サービス終了による大きな混乱は避けられそうです。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網