戻る


英EU離脱前の混乱、ユーロスター「乗らないで」


パリ北駅に停車中のロンドン行きユーロスター(筆者撮影)

「必ず行くべき用事でないなら、乗車を取りやめることを勧めます――」

3月に入って以来、イギリス―フランス間を結ぶ高速鉄道「ユーロスター」で連日遅延が発生し、運行会社はついに利用客に対し「乗らないでほしい」と悲鳴を上げる事態となっている。

いわゆるブレグジットと呼ばれる「イギリスの欧州連合(EU)脱退」が関係しているというが、いったいどんな事情でこのような問題が生じているのだろうか。

都市中心部直結の利便性で人気

ユーロスターは、ユーロトンネル(英仏海峡トンネル)を通って島国イギリスと欧州大陸を結ぶ重要な高速列車だ。1994年の運行開始当初から走っているロンドン―パリ/ブリュッセル便に加え、2015年にフランス国内の地方都市への直行列車が登場、さらに2018年にはオランダのアムステルダム行きも走り出した。

格安航空会社(LCC)の台頭著しい欧州だが、多少時間がかかっても都市の中心間を結ぶ列車を選ぶ層は確実におり、シーズンを問わず毎便ほぼ満席となっている。


パリ北駅のユーロスター待合室は「ロンドンへようこそ」という名前が付いている。遅延が続く現状では皮肉だ(筆者撮影)

また、ユーロスターは出入国審査(パスポートコントロール)を出発前に済ませられる利点もある。イギリスは欧州大陸側のEU各国間で国境検査を省略した「シェンゲン協定」に加盟していないため、大陸側各国との出入国の際にはパスポートチェックが行われる。だが、ユーロスターなら出発駅で列車に乗る前に両方の審査を済ませられる仕組みになっている(一部の遠隔駅発着を除く)。

そんな背景もあり、ユーロスターが持つ「目的地に着いたら手続きなくスルリと街に入れる機動性」が人々に選ばれる理由の1つにもなっている。昨年4月に運行が始まったアムステルダム線も好評で、運行会社は年明けに6月からロンドン発を毎日1便ずつ増便すると発表した。

本来、ユーロスターは「発車30分前」に改札通過すれば乗れるという規定になっており、飛行機搭乗時より短い時間で手続きが済むことになっている。ところが、3月4日から、ユーロスターのイギリス行きが出発するパリ北駅で「異変」が起き始めた。


ロンドン・セントパンクラス駅の到着案内板。パリからの到着便は軒並み2時間程度遅れている。乗客は出発前にそれ以上待たされていたかもしれない(筆者撮影)

フランスを出国する人々の列がまるで進まず、1時間半以上も並ばされた揚句、諸検査を済ませて待合室に入れたころには、乗る予定の列車はとっくに出発済み……という事態が起こるようになってきたのだ。

この混乱を引き起こした張本人は、フランス側の税関職員たちだった。言い分は「ブレグジット後に起こりうる税関での検査実施により、仕事が増えるのは困る」というもの。自分たちの権益を守るために、わざと遅延行為を行い、その一方で賃上げを要求するという実力行使に出たのだ。

「合意なき離脱」で仕事が増える?

このような大混乱が起こったのは、イギリスによるEUからの「合意なき離脱」の可能性が高まったからと言える。具体的な協定が結ばれないままEUを離脱するとなると、従来のように「モノの自由な行き来」ができなくなる。その結果、イギリスとの矢面に立つフランスの税関職員たちは今までまったく不要だった「国境での荷物検査」に従事させられる(つまり仕事が大幅に増える)ことになるからだ。


パリ北駅の出国検査手前の大行列。このような状況が3月上旬から続いている(撮影:匹田篤)

当初、フランス税関職員によるこれらの対応は「ブレグジットに備えるための一時的な実験」ととらえられていた節がある。ところが連日、同じようなことが続くようになり、やがてユーロスターの運行会社は正式に「税関職員によるサボタージュの影響がある」と利用客へ説明する事態に追い込まれることとなった。

「駅に着いたら長蛇の列。様子がわからないのでとりあえず列に並んだけど、遅れの原因が『フレンチカスタムの問題だ』と聞いても、それがどういう意味なのかさっぱりわかりませんでした」。13日午後にパリからロンドンに着いた日本人観光客は、疲れた表情でこう話してくれた。

「駅に着いてから出入国検査まで5時間以上も並んでようやくパスポート検査にたどり着いた」ものの、列車に乗るという段階になって「乗る号車が決まっているだけであとはまったくの自由席だと言われた」と、段取りの悪さに不満を漏らしていた。

欧州委員会は2月、イギリスが「合意なき離脱」に至った場合でも、その後3カ月はイギリス側鉄道インフラなどのEU安全規格への適合性認証を認めるという緊急対策案を採択した。これによってユーロスターなどの当面の運行に混乱が生じないようにする狙いだ。イギリス政府によるブレグジット後のEU域内への旅行案内を読んでも、ユーロスターやユーロトンネルを通る自動車輸送用のシャトル列車「ル・シャトル」の利用については何も変わらないと説明している。

ただ、実際にはこのようにブレグジットより前から混乱が発生してしまった。この状況は当分収まる雰囲気にはない。とりあえず3月末まで毎日数便のキャンセルが決定しているうえ、ほかの便の利用予定客でも無料の日程変更もしくは全額の払い戻しを求められることになっている。

ただ、お金が返ってきても、飛行機などの代替交通を手配するのに「1人100ユーロ(1万2500円)以上は余分に出さないと切符が買えない」(イギリス人旅客)なのが現状で、利用客には受け入れがたい状況が起こっている。

パリとロンドンの間には、ドーバー海峡をフェリー航送で結ぶ長距離バスが毎日10本ほど通っているが、列車のキャンセルのあおりでバスの席が取りにくくなっているうえ、フェリーの埠頭があるフランス・カレー港の税関職員も頻繁に「遅延行為を伴う実力行使」を行っており、港へのアクセス道路で渋滞が生じている、と現地の地方紙が報じている。

離脱前から混乱、見えない行方

すでに各種の報道で伝えられているように、フランスでは昨年11月から週末ごとに、いわゆる「黄色いベスト運動」と呼ばれる大きなデモが行われている。しかも3月に入ってから、パリの中心街・シャンゼリゼ通り沿いにある有名ブランド店や老舗カフェへの暴徒による破壊、放火も起きた。ただでさえ、デモの影響でパリへの観光客が減る傾向が出ている中、ブレグジットに絡んでユーロスターを利用した旅客の出入りが事実上困難になるのはフランスにとっても由々しき事態だ。

3月20日現在、ロンドン発のユーロスター各列車は、若干のスケジュール変更といった影響はあるものの、大きな乱れは生じていない。しかし、ブレグジットの進展いかんでは、英国側出発時の税関検査も厳しくなる可能性も否定できない。


ユーロスターはブレグジット後も今までどおりの運行形態を保てるだろうか(筆者撮影)

イギリス議会下院は3月13日に「合意なき離脱」の回避を採決し、翌14日には離脱の延期をEUに求める政府動議を可決した。英国案の受け入れを加盟各国が拒んだら、長期の延期、もしくは当初の予定どおり今月29日に離脱になる可能性もある。

混迷の度を増すブレグジット。イギリスと欧州大陸を結んで走る高速列車には「フランスのスト」が原因とはいえ、すでに影響が表れてしまった。せめて列車については不穏な状況を1日も早く解決してもらいたいものだが、先は見通せない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網