戻る


【新旧比較】第2世代AirPods、第1世代からどこが変わった?


 
Appleは20日夜、新型AirPods(第2世代)を発売し、ワイヤレス充電対応ケースもあわせて発表しました。Apple Storeでは同日より注文を受け付けており、3月26日から順次出荷されます。
 
この記事では第2世代AirPodsは第1世代AirPodsからどこが変わったのか、スペックをまとめました。

「Hey Siri」で呼び出し可能に、ゲーム時の遅延は3割減

AirPods本体の仕様を比べると、本体サイズや重さは変わっていませんが、チップがW1チップからH1チップに変更されました。独自のオーディオアーキテクチャを採用したH1チップにより、iPhoneやApple Watch、iPadなど端末間で切り替えた際の接続が最大2倍高速に、電話の通話への接続は1.5倍高速になりました。ゲームのレイテンシ(遅延)も最大30%低減されています。
 
またSiriへのアクセス方法は、これまではダブルタップのみでしたが、第2世代AirPodsではダブルタップに加え、「Hey Siri」(ヘイ、シリ)と呼びかけるだけで呼び出せるようになりました。
 
第2世代AirPodsのシステム要件を見ると、現在開発者向けベータ6がリリースされているiOS12.2、watchOS 5.2、macOS 10.14.4が対象となっていますので、これらの一般向けリリースは、AirPodsの出荷が始まる来週までに行われる可能性があります。
 

第2世代AirPods第1世代AirPodsカラーホワイトホワイトAirPods本体
サイズ左右各:
16.5 × 18.0 × 40.5 mm左右各:
16.5 × 18.0 × 40.5 mmAirPods本体
重さ左右各:4 g左右各:4 gチップセットH1チップW1チップSiriへの
アクセス「Hey Siri」と話しかける
ダブルタップダブルタップシステム要件iOS12.2以降のiPhone、iPad、iPod touch
watchOS 5.2以降のApple Watch
macOS 10.14.4以降のMaciOS10以降のiPhone、iPad、iPod touch
watchOS 3以降のApple Watch
macOS Sierra以降のMacApple Store
販売価格(税別)ワイヤレス充電対応の充電ケースとセット:22,800円
従来の充電ケースとセット:17,800円充電ケースとセット:16,800円

 

充電ケース併用の連続通話時間が最大11時間→最大18時間に

バッテリーの駆動時間を比べると、充電ケースを併用した際の連続通話時間が最大11時間から同18時間に、AirPodsの1回の充電での連続通話時間は最大2時間から同3時間にそれぞれ延びています。充電ケースで15分充電した場合は、1時間以上の連続通話時間だったのが最大2時間になりました。
 

第2世代AirPods第1世代AirPodsAirPodsと
充電ケース併用24時間以上の再生時間
最大18時間の連続通話時間24時間以上の再生時間
最大11時間の連続通話時間AirPods
(1回の充電)最大5時間の再生時間
最大3時間の連続通話時間最大5時間の再生時間
最大2時間の連続通話時間充電ケースで
15分充電最大3時間の再生時間
または最大2時間の連続通話時間3時間の再生時間
または1時間以上の連続通話時間

 

ワイヤレス充電対応のケースも登場

AirPodsの持ち運びや充電に欠かせない専用ケースには、新たにQi(チー)規格に対応したワイヤレス充電対応ケースが登場しました。ケースのサイズは変更ありませんが、重さはワイヤレス充電対応ケースが少し重い40 gになっています。
 
LEDインジケータの位置は、従来の充電ケースはふたを開いたケース内側にありましたが、ワイヤレス充電対応ケースはケースの外側に配置されています。
 

 

ワイヤレス充電対応
充電ケース従来の充電ケースサイズ44.3 × 21.3 × 53.5 mm44.3 × 21.3 × 53.5 mm重さ40 g38 gLEDインジケータの位置ケース外側
ふたの下ケース内側
ふたを開いたAirPodsの間充電方法ワイヤレス充電マット(Qi対応)
Lightningコネクタでの充電Lightningコネクタでの充電

 
 
Source:Apple [1], [2], [3], [4]
(asm)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網