戻る


ドトールで太らないために、食べていい/ダメなサンドとは?

ドトールで太らないために、食べていい/ダメなサンドとは?

写真拡大

 管理栄養士の川村郁子です。

 美味しいコーヒーをリーズナブルに楽しめ、またホットサンドなどのクオリティも高いドトールコーヒー。食べ応えのあるミラノサンドや、とろ〜りとろけたチーズの美味しいホットサンドもたまりませんよね! 私も大好きでよく利用しますが、選ぶフードメニューと組み合わせるドリンクによって、意外と高カロリーになることも……。

 そこで今回は、ドトールをヘルシーに楽しむポイントを紹介します。ランチを選ぶ際の参考にしていただけると嬉しいです。

◆ミラノサンドは炭水化物が多め。選ぶなら…

 食べ応えのあるミラノサンドですが、公式サイトによると全体的に400kcal前後で、炭水化物も40〜50g前後とフードメニューの中では多い方です。しかし、レタスなど生の野菜が食べられるというメリットもあります。

 数種類ある中で、栄養価が大きく違うわけではありません。なので、好きなものを選べば良いと思いますが、しいて言うならば「鴨肉のローストサンド」が総合的に栄養バランスのよい方だと思います。

 理由は、ミラノサンドの中で炭水化物量(42.4g)も少なく、カロリー(389kcal)も少なめなのにタンパク質(17.9g)が多いからです。また、塩分(1.9g)もミラノサンドの中で低い方なので、塩分を控えたい、タンパク質をとりたいという方にも良いと思います。

 ちなみに「ビーフパストラミ&生ハムサンド」は塩分2.9gと今のミラノサンドメニューの中で最も塩分が多いです。

 ただし、サイドメニューで甘いラテなどと組み合わせると一気に糖質過多になるので、砂糖の追加されていないドリンク(カプチーノや無糖のラテ、ブレンドコーヒーなど)を選ぶと良いでしょう。

 また、一見ヘルシーそうに見える「スモークサーモンとプリプリえびサンド」はタルタルソースがたっぷりなので、ミラノサンドの中でも脂質(21.8g)がダントツで多いという落とし穴が。どうしても食べたい場合は、脂質がゼロのストレートティーやブレンドコーヒーなどを選ぶと良いでしょう。

◆ホットサンドで選ぶなら?

 温かいカルツォーネのメニューが楽しめるホットサンドですが、この中で選ぶなら「ぷりっと海老とムール貝のビスクソース」「ごろっとチキンと野菜のカポナータ」が総合的に良いでしょう。

 ビスクソースの方はカロリー(221kcal)や脂質(8.6g)が最も低く、炭水化物も少なめ(23.7g)です。カポナータの方もカロリー(241kcal)、脂質(9.6g)、炭水化物(28.5g)と、ビスクソースに準ずる低さですが、トマトソースなどの野菜類を少量ですがとれるのもポイントです。

「どうしてもドリンクは甘いものが飲みたい」という場合には、炭水化物やカロリーが低いこれらのメニューを選びましょう。

 逆に「ツナチェダーチーズ」はカルツォーネではなくパン生地なので、カロリーも504kcalと高く糖質(41.4g)や脂質(29.3g)も高いメニューです。そこまで高カロリーというわけではないですが、ドトールのフードメニューの中では高いです。タンパク質量は多い(19g)ので、運動をされる方にはアリだと思います。

◆ダイエット中にドトールで食べるなら

 では、ダイエット中の方はどのような組み合わせを選べば良いでしょうか? 管理栄養士として、以下の組み合わせ2つをオススメします。

鴨肉のローストサンド×ブラックコーヒー(orストレートティー)
→糖質量が多いので、無糖の飲み物をチョイス。温かい方が満腹感を得られやすいのでホットが良いでしょう。

ぷりっとエビとムール貝のビスクソース×豆乳ラテ(orカフェラテ)
→フードに不足しているタンパク質をラテでプラスしバランスをとりましょう。

 このような組み合わせですと、ちょっとでもヘルシーに食べることができます。

 また、上記以外のサンドを選んだ場合でも、ダイエット中の場合はなるべく無糖のドリンクを選びましょう。

 たまにしか行かないのであれば好きなもの選んで楽しめば良いと思いますが、もし高頻度で通う場合は「選び方」が健康に影響することもあります。ドリンクかフード、どちらかを調整してを美味しく健康的に食べましょう。

<文/川村郁子>

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網