戻る


菊池雄星の妻、木佐彩子からメジャーリーガー妻の心構え学ぶ

菊池雄星投手の妻・深津瑠美さんが語る夫のサポート術

写真拡大

 最大で7年総額120億円の大型契約をシアトル・マリナーズと交わした菊池雄星投手(27才)。連日のようにその動向が報道される菊池投手を支えるのが、妻のフリーアナウンサー・深津瑠美さん(32才)だ。5才年上の姉さん女房が語る夫のサポート術とは──。

【写真】現在、妊娠6か月の瑠美さんはお腹を大事そうに触る

 深津さんと菊池投手の出会いは2015年。MLB(メジャーリーグベースボール)のニュースを紹介する『ワールドスポーツMLB』(NHK-BS1)のキャスターを務めていた深津さんに菊池投手が一目ぼれ。知人を介して知り合い、菊池投手の猛アタックの末、交際がスタートした。

 半年の交際を経て2016年、深津さんの誕生日である6月24日にふたりは入籍した。

「夫を強くする」という覚悟を決めた深津さんは、レギュラー番組すべてから離れることにした。

「仕事が大好きだったので、正直さみしかったです。でも私が全力でサポートして、主人を強くして、無敵の男にしようと決めたので後悔はありません」

 メジャーリーガーの妻としての心構えは、ロサンゼルス・ドジャースとニューヨーク・メッツに所属経験のある石井一久さん(45才・元投手)の妻で、同じくアナウンサーの木佐彩子さん(47才)から教えを乞う。石井さんと菊池投手は埼玉西武ライオンズで同僚だった。

「彩子さんには引っ越しのことも相談にのってもらいました。よくお会いするのですが、『仲よしだね』と言われます」

 そして、シアトルでは夫の憧れの人でもあるイチロー選手(45才)とも対面した。

「主人の記者会見の後、夫婦そろってご挨拶させていただきました。イチローさんはその場の雰囲気がパッと明るくなるようなお人柄で、気さくに話しかけてくださったことがすごくうれしかったです。憧れのかたとお話しできて彼も夢のようだと喜んでいました」

 メジャーリーガーの妻として送るアメリカ生活は、不安よりも楽しみの方が強い。

「あちらには婦人会があり、主な活動はチャリティーなんですが、早くそれに参加したいです。私は高校時代から、ボランティアで近くの老人ホームで童謡を歌う活動をしていましたが、チャリティー活動をできるのが今からすごく楽しみです」

 現在、深津さんのお腹には新しい命が宿り、夏には家族が増える。

「妊娠がわかった時は、主人も目を大きくして喜んでくれました。うれしいことがあると、目が大きくなるんですよね(笑い)」

 夫の家族とも仲がよく、LINEでグループを作り、健診のたびに写真を送ったりしているそう。

「主人は兄・姉・妹の4人きょうだいなんですが、岩手の家族からサプライズで、寄せ書きとアルバムをもらいました。アルバムは主人の小さい頃からの成長の過程を辿れるようになっていました。家族全員のメッセージも書かれていて、すごく感動しました」

 妻、家族の愛に支えられ強さを増す菊池投手。今年の開幕戦は日本で行われ、イチロー選手とともに凱旋を果たす予定だ。その活躍を全世界が見守っている。

※女性セブン2019年3月28日・4月4日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網