戻る


原発のない福島を/県民大集会 「一緒につくろう」

(写真)東電福島第2原発の即時廃炉を訴える参加者=16日、福島市

写真拡大

 東日本大震災・原発事故が発生した2011年から、「原発のない福島を!」と毎年行われている県民大集会が16日、福島市で開かれました。第2会場も設け、約1700人が参加。東京電力福島第2原発の全基廃炉などを求めるアピールを採択しました。

 角田政志実行委員長は「(事故が続いている)福島の現実と課題を発信し、原発のない福島をめざすことを共有する集会にしたい」とあいさつしました。

 特別ゲストの香山リカ氏(精神科医)が「福島第1原発事故は終わった、収束したとはとても言えない状況だ。万が一にもこのような事故がもう一度あったら日本は破綻してしまう。いっしょに原発のない日本をつくる活動をつくっていこう」と訴えました。

 被災者らが発言し、教育関係者は「被災地の学校の休校や閉校を一気に早めたのが原発事故だ。6397人いた双葉郡内の小中学生が、今年度スタート時点では531人。子どもたちの数が増えず、落ち着いた学習教育環境も確保しにくい」と発言。女子高校生は「除染もままならず、田んぼに今も黒い袋が残っている。原発事故は恐ろしい」と告発しました。

 群馬県から参加した男性(37)は「原発は絶対反対だ。安全なんてあり得ない」と話しました。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網