戻る


コカイン逮捕・ピエール瀧が語っていた「清原和博」の“しがらみ”


 3月12日夜、衝撃のニュースが駆け巡った。ミュージシャンで、俳優としても活躍するピエール瀧(51)が、麻薬取締法違反(使用)容疑で緊急逮捕。

「厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(以下、麻取)は12日午後、瀧が薬物を使用しているという情報を得て、世田谷区の自宅を捜索。自宅からは薬物は押収されなかったものの、任意同行を求めて尿検査を実施。結果、コカインの陽性反応が出て、緊急逮捕に至りました。瀧も犯行を認めています」(全国紙社会部記者)

 現在放送中のNHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも出演中の大人気俳優の瀧容疑者。公開を控える映画や、テレビゲームへの声の出演など仕事は多岐にわたり、今回の事件の影響は甚大なものになるとされる。

 瀧が手を染めてしまった違法薬物・コカイン。前出の社会部記者は言う。「コカインはコカの葉から作られる麻薬で依存性が非常に高い。近年、日本で急速に出回ってきており、逮捕者も急増しています。芸能界でも蔓延しているといい、2015年10月に麻薬取締法違反で逮捕された高部あいも、所持していたのはコカインでした」

 裏社会に詳しいライターによると、「六本木界隈でよく売買されています。ある30代の人気俳優はコカイン中毒状態だといいますし、ある著名人の息子は今、使用するだけでなく売人としても動いているそうです」

 “不良芸能人”同士の距離を縮めるコカイン。瀧容疑者も、そうした裏ルートで入手したのだろうか。そんな彼は、かつて『週刊大衆』のインタビュー取材時に気になることを話していた。『週刊大衆』の記者が、今後、世の中はどうなっていくかという漠とした質問をした際、瀧容疑者はこう話していた。「これから世の中どうなっていくか……いやあ、まあ、どうなんですかねえ。先のことは分からないじゃないですか。俺と同い年には、桑田(真澄)、清原(和博)がいるんですけど、彼らはまだ、もうちょっと、いろんなものに寄りかかってはいないでしょうけど、なんか、いろんなしがらみがくっついていた気がするんですよね」

 16年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕された清原。瀧は、その原因の一つとして“しがらみがくっついていた気がする”と語っていたのかもしれない。

「しがらみとは、有名人の周囲に群がってくる有象無象を指しているのでは。彼らは有名人を利用しよう考えているだけの輩たちで、中には裏社会に通ずる者もいる。もしかすると近年、超売れっ子になった瀧の周囲にも、そうした“しがらみ”がつきまとっていたのかも……」(社会部記者)

 自らの未来も暗示していたかのような瀧の言葉。だが、犯してしまった罪はもう無にはならない。

 3月18日発売の『週刊大衆』では、昭和・平成を彩ったスーパースターたちの「酒・オンナ・カネ」事情にも迫っている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網