戻る


大坂なおみ サーシャコーチの平凡さに物足りなさ感じたか

コーチの平凡さに物足りなさを感じた?(共同通信社)

写真拡大

 昨年9月の全米オープン、今年1月の全豪オープンを連続で制し、世界ランキング1位にまで上り詰めたテニスの大坂なおみ選手(21才)。しかし、全豪オープンからわずか2週間後に、躍進の功労者とも言えるサーシャ・バインコーチ(34才)との契約を解消した。

 そして、日本時間の2月20日には、世界ランキング1位として初の大会となるドバイ選手権の初戦で同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)と対戦。ところが、3-6、3−6のストレート負けで、まさかの初戦敗退となってしまった。

 バインコーチと大坂選手が契約したのは2017年12月。大坂選手が世界ランキング68位と伸び悩んでいた時期だった。

 コーチ就任から1か月後、2018年1月の全豪オープンで大坂選手は4大大会初となる3回戦突破を果たし、同年3月にはBNAパリバ・オープンでツアー初優勝した。勢いに乗った彼女は、同年9月に全米オープン、今年1月に全豪オープンを制して4大大会連覇を成し遂げ、男女通じてアジア初となる世界ランキング1位に輝いた。こうした功績から、バインコーチは昨年末にWTA(女子テニス協会)初代年間最優秀コーチ賞を受賞している。

 2月17日、ドバイ選手権に向けた記者会見を開いた大坂は、バインコーチ解任について、 「幸せでいる以上の成功など望んでいないし、私を幸せにしてくれる人々と一緒にいたかった」と、話した。一体何があったというのだろうか──。

 選手がコーチを雇うプロテニスの世界では、双方の関係はいわゆる師弟関係ではない。コーチの言葉を「雇い主」である選手が無視したり、口答えしたりするケースも珍しくなく、「気が合わない」という感情論だけでコーチを解任することもあるという。

 大坂の場合は、コーチの“平凡さ”に物足りなさを感じていたようだ。テニスライターの山口奈緒美さんはこう説明する。

「大坂選手は過去に、“サーシャ(バインコーチ)のアドバイスは私もわかっているようなことばかり”“だいたい彼とはジョークや他愛もない話をしている”と冗談めかして語っていたことがありました。それは彼なりに、細かい戦術を打ち合わせるよりも、大坂選手の気持ちをリラックスさせて本来の能力を引き出そうという思いがあったはずです。それで結果を出したはずですが、彼女としては今後の成長を考えると、バインコーチでは物足りない部分もあったのでしょうか」

 2月11日、大坂がツイッターで契約解消を発表すると、バインコーチも「なんて素晴らしい旅路だったんだ。君の健闘を祈る」と返信し、円満な別れを主張した。しかし、現在インスタグラムでは互いのフォローを外している。

 異様な状況の背景に、「男子コーチの弊害」を指摘する声もある。ロンドン五輪テニス日本代表監督で解説者の村上武資さんが指摘する。

「女子テニス界は、男子コーチが圧倒的に多い。また、1人の時間を作ることが多い男子選手と違って、女子選手は男子コーチと、試合や練習以外でも時間を共有する場合が多い。お互いを理解しながら信頼感や安心感を得るためですが、一方でお互いの距離の取り方が難しくなり、私情を挟んだり、うまくいかなくなるケースもあります」

 そんな異性同士の組み合わせだからこそ、試合が盛り上がるという側面もある。それを象徴するのが、4大大会以外で女子だけに認められているオンコートコーチングだ。

「チェンジエンドやセット間にコーチの助言を受けられるルールで、男子選手はすべての大会で認められていません。試合中のコーチとのやりとりが視聴者にも聞こえてエンターテインメント的な要素がある一方で、女子選手がコーチの助言に頼り切りになってしまうリスクもあります」(前出・村上さん)

 新コーチ探しはドバイ大会終了後に着手するという。これが世界1位の“孤高の英断”か否かは、彼女自身が証明する。

※女性セブン2019年3月7日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網