戻る


シンガポール航空機内に謎のカメラ、設置の意図いぶかる声

シンガポール航空機(2018年3月28日撮影)。(c)Roslan RAHMAN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】シンガポール航空(Singapore Airlines)機内の座席後部にカメラが取り付けられているのを乗客が発見し、ソーシャルメディアに投稿したところ、設置の意図をいぶかる声や非難が多く寄せられた。これを受け同航空は21日、カメラの機能を無効にしていたと釈明した。

 カメラは座席後部のモニター下に設置されており、ある乗客はツイッター(Twitter)に「変なセンサーが自分の方に向いているのを見つけた。これがカメラなのかどうか、専門家の意見が欲しい」と、写真付きで投稿した。

 シンガポール航空は最新型エンターテインメントシステムの一部にカメラが取り付けられていることを認めたものの、カメラの機能は無効になっていたと釈明。

 また、同航空は「カメラはエンターテインメントシステムの製造会社が今後の開発のために取り付けたもので、機内では常時使えないようになっており、起動させることもできない」と説明した。

【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網