戻る


球数制限は見送りも…“物言う主砲”DeNA筒香に高野連が恐々

筒香の開けた「穴」は着実に大きく(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 21日、ヤクルトとの練習試合に4番・DHで先発出場したDeNA筒香嘉智(27)。初回に実戦初安打となる右前打を放ち、「順調なので、このままいければ」と話した。

メジャー見据えるDeNA筒香 打撃フォーム改造で準備は着々

 筒香の主戦場はグラウンド外にもある。昨年から勝利至上主義の少年野球指導に対し、何度も問題提起してきた。昨年12月、新潟県高野連が今春の県大会で投手の球数を100球に制限する独自ルールの導入を決定。すると、今年1月の記者会見で「昨年も球数問題が出ていましたが、子供たちのためになっているのかという疑問があります。子供たちの将来を考えることが一番という思いを全員が持てば、そんなに難しい話ではないと思います」と賛同した。

 さる20日、日本高校野球連盟(以下、高野連)は理事会で新潟高野連への再考要請を決定。今回の導入は見送られたものの、4月に有識者会議を立ち上げる方針を固めた。筒香の言動を支持してきたスポーツ庁の鈴木大地長官は「半歩、一歩前進したという気がする」と言う一方で、「(新潟県)独自の取り組みということでいいのではないか」と腰の重い高野連をチクリ。筒香のあけた“風穴”は着実に大きくなりつつある。

 見送り決定に高野連の竹中雅彦事務局長は語気を強めて「認めないわけではない」と繰り返し、同時に「新潟が一石を投じた。未来の高校野球発展には避けて通れない。重く受け止めるべき」とも言った。今後も高野連が恐れるのは「物言う主砲」の痛烈な一撃か。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網