戻る


リズム芸でブレークも月収激減…2700の現在「パチスロで生活してやろうと」

2700の八十島(左)とツネ

写真拡大

 お笑いコンビ「2700」のツネ(36)と八十島(34)が21日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(木曜深夜0・12)に出演。ブームが去り、芸人としての収入が激減した現在について語った。

 2011年の「キングオブコント」で準優勝。「右ひじ左ひじ交互に見て」など独特のリズムネタでブレークし、きゃりーぱみゅぱみゅとCM共演するなど、月収は最高で「休みなしで働いて3桁万円」にまでなったという。

 ところが、ブームが去り、月収は「落ちていって、1桁万円」にまで落ち込むことも。ツネは子どもが3人、八十島も2人いるため、現在は生活のため副業をスタート。ツネは飲み友達の社長を通じて紹介された不動産会社に就職。「賃貸部門を任せてもらっています。週3、4回は行っていて、20〜30万円」と安定した収入を得ていることを告白した。

 一方の八十島は「パチスロで生活してやろうと思った」とギャンブルに傾注。当初の結果は芳しくなかったが、「毎日『パチスロでこういうことがありました』というのをツイートしていたら、ファンが僕に会いに来てくれて『力を貸させてください』って来た」といい、「(その人に)勝ち方はいろいろありますっていうのを1から教えてもらって、今では負けずに済んでいる。(スロットでの月収は)30万円ぐらいです」と明かし、共演陣を驚かせていた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網