戻る


原因はホスト? 美人ママ“毒盛り事件”の背景と解決の糸口

逮捕のきっかけは薬物(左から中原、月岡、水野容疑者=中原容疑者のSNSから)

写真拡大

 当時28歳だった男性Aさんと31歳の女性B子さんが、長野県松本市のスナックで「毒」を盛られた事件は、ママとホステスらによるホストの奪い合いだった可能性が出てきた。

三重・鈴鹿20歳年下夫殺し 実の母親も「グル」の一部始終

 今月8日、3年半前に起きた殺人未遂事件で、3人の逮捕者が出た。客の男女2人に致死性のある覚醒剤入りの飲み物を飲ませ、殺害しようとしたとして、経営者でママの中原加奈美(36)、ホステスの水野華菜子(35)、元ホステスで無職の月岡愛(32)ら3容疑者が、殺人未遂容疑で長野県警松本署に逮捕された。同署は19日にも、新たに3人の共犯者として別の店で働いていた佐久市の飲食店従業員の伴野一生容疑者(28)を同じ容疑で逮捕した。

 事件は2015年8月23日未明に発生した。現場は飲食店が立ち並ぶJR松本駅前の繁華街の一角にあるスナック「ダイヤモンドリリー」。

 中原容疑者は身長160センチほどの元キャバクラ嬢で、店では「涼邑りり」と名乗り、客からは「りりママ」と親しまれていた。

 店内は白と黒を基調としたシックな雰囲気で、かなりの広さ。ボックス席とカウンターがあり、頻繁にイベントを開催するなど地元では、かなりの人気店。ママ目当ての常連客も多かったという。

「Aさんは当時、接客業、いわゆるホストをやっていて、午前2時すぎぐらいからB子さんと一緒に店で飲んでいた。Aさんが女性を連れて来たことが面白くなかったのか、B子さんのドリンクに覚醒剤を混入させて飲ませようと考えた。しかしホステスたちの様子を不審に思ったB子さんは、お酒ではなく、コーヒーが飲みたいと言った。そしたら覚醒剤入りの焼酎のコーヒー割りが出てきた。ただB子さんだけに飲ませるつもりが、Aさんまで焼酎のコーヒー割りを飲んでしまった」(捜査事情通)

 2人はすぐに味がおかしいことに気づき、急性薬物中毒の症状が出たため、自分たちで救急車を呼び、病院に救急搬送された。一時は命に関わるところだったが、数日間入院の後、回復した。

「中原容疑者は事件が起きた時間帯は、店内にいたことは認めています。ただ接客はしておらず、犯行に及べる状況ではなく、事件には関わっていないと主張している。新たに逮捕された伴野は事件当時3人とは別の店で働いていて、現場にはいなかった。だから直接何かしたわけではありません。Aさんは昔からちょっとヤンチャな感じで、女性にはモテるタイプです。ホステスとも親しく、男女関係のもつれが原因ではないかともっぱらの噂です」(地元関係者)

 事件発生から3年半が経ち、事態が動いたきっかけは「薬物」だったという。

「薬物使用で言動がおかしくなった女性がいて、そこから調べを進めていったところ、事件とのつながりが明らかになった。覚醒剤の入手先を含めて捜査を続けている」(前出の捜査事情通)

 美人ママは「はめられた」といった趣旨の供述をしているというが、仲の良かった男女の間に何があったのか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網