戻る


アトレチコFWモラタ、得点取り消しのVAR判定に異議 「キエッリーニは飛んで行った」

アトレチコ・マドリードのFWアルバロ・モラタ【写真:Getty Images】

写真拡大

後半25分、クロスに合わせて先制点かと思われたがVARによるファウル判定で取り消し

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で決勝トーナメントから導入されているビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)だが、アトレチコ・マドリードのスペイン代表FWアルバロ・モラタはその判定に異を唱えている。

 20日のユベントス戦(2-0)後にイタリア国営放送「RAI」のインタビューに語った。

 今冬の移籍市場でチェルシーからアトレチコへ加入したモラタは、2014年から2年間ユベントスに所属しており、20日のユベントス戦で古巣対決が実現。意気込んで後半13分からピッチへ入ると、同25分、左サイドからブラジル代表DFフェリペ・ルイスが上げたクロスにドンピシャのヘディングでモラタが合わせ、0-0で推移していたゲームの均衡を破る先制ゴールを決めたと思われた。

 しかし、歓喜に包まれるアトレチコの本拠地では、VARから主審にモラタのファウルの可能性が進言されていた。クロスに対するポジション取りで、モラタは相手DFジョルジョ・キエッリーニの背中に手をかけ、突き飛ばしたように見える映像が残っている。ピッチ脇でこの映像を確認した主審はモラタのファウルと判断し、ゴールを取り消した。この判定にモラタは異を唱えている。

「もし逆の立場で、彼が僕に同じ行為をしても間違いなくPKにはされないだろう。僕から見れば、キエッリーニはその力よりもすごい勢いで地面に飛んでいったんだ」

キエッリーニのプレーは守備陣の“VAR攻略法”となる可能性も秘めるが…

 モラタはこう語り、キエッリーニの“ダイブ”を主張した。VARではスロー映像やストップモーションも多用されるため、手をかけた事実は明らかになるものの、その力加減やスピード感が伝わりづらいことは起こり得る。モラタのプレーに関して言えば、大きな力をかけていなかったとしても、キエッリーニの倒れるタイミングと勢いからモラタのプッシングが強いものだったと見えるのが現実だろう。

 その意味では、キエッリーニの“演技賞”になる可能性もあるが、VAR導入後もゴール前での駆け引きの熾烈さは変わらない。このキエッリーニのプレーは、ある意味では守備陣の“VAR攻略法”として定着する可能性も秘めている。

 アトレチコがその後に2点を奪って勝利しただけに試合の行方を強烈に左右する判定ではなくなったが、今後に佳境を迎える欧州最高峰の戦いでは、こうしたゴール前の駆け引きとVARの関係性もクローズアップされていくことになりそうだ。(Football ZONE web編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網