戻る


このままゴールインできるかも!長続きする学生カップルの特徴

先輩や同級生など……。コロコロと彼氏が変わる人もいれば、学生時代から交際を開始し、社会人数年目で結婚するカップルもいますよね。

この両者の違いって一体何なのでしょうか。

できることなら彼と長続きして、信頼関係を築いていきたいものです。

そこで今回は「長続きする学生カップルの特徴」についてご紹介します。

1、 バイトも勉強も「ふたりのため」になりすぎない

短命で終わりやすいカップルほど、「ふたりのため」を意識しすぎる傾向に。

たとえば「彼と会うためにバイトしています!」とか、「彼と結婚するために、就職活動をしています」とか……。

でも彼に人生すべてを捧げてしまうのってやはり重いですし、ある日気持ちにズレが生じてくるもの。そうすると彼一筋となっているぶん、軌道修正が難しくなります。

社会人としてある程度年数が経っているのなら、「相手のため」に行動する余裕も出てくるでしょう。

しかし学生さんはまだ半人前の状況。そんな中、彼だけのために行動をしても、ただの自己満足にしかなりません。

長続きする学生カップルは、彼のことも視野に入れつつ、自分の人生を中心に大切に育てています。

そうやってお互いの人生を認め合い、応援することが、結婚まで交際を続けるポイントになるでしょう。

2、 両親を心配させるようなことはしない

いくら20歳を超えているとはいえ、まだ学生。学費や家賃、生活費も両親に出してもらっている人が多いのでは?

しかし彼氏ができるとお泊りもしたくなりますし、旅行もいきたくなります。

でも毎晩のように娘が朝帰りをしていたら……両親が不安になるのは当然でしょう。

彼も常識的に考えれば「彼女の両親に申し訳ないな」と思い、早めの帰宅を提案するはず。

しかしいつもお泊りをしたがるのであれば、自分の感情ばかりを優先している証拠かも。

熱しやすく冷めやすいタイプだからこそ、何かあったらすぐに別れを切り出してくるかもしれません。

彼が本当にあなたを大切にしているのであれば、良い意味で、あなたの両親の目も気にするはずですよ。

3、 共通の友達に頼りすぎない

学生のうちって、共通の知り合いも多いですよね。そのためグループデートやみんなでワイワイすることも多いはず。

交際初期であれば、仲間内から彼との交流を深めても良いでしょう。

しかし常にグループデートばかりだと、友達感が抜けずに、結局「付き合っていても意味がない」と判断されてしまうことがあります。

交際が長くなってきたら、ふたりだけのデートと仲間の時間のメリハリを作っていきましょう。

「みんなといるときはサッパリしているけれど、デートの時は甘えてくる」などのギャップがあれば、より交際は長続きしますよ。

おわりに

学生時代は彼と会える時間も多いし、そこまで結婚を現実的に考えなくて良いので、純粋に恋を楽しめるはず。

でもだからこそ、短命恋愛に陥りやすくもなります。

長続きカップルになれるよう、バランスを保った関係を作れると良いかもしれませんね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網