戻る


バルサの恥ずべき行動、過激派ファンが暴徒化しリヨンを恐怖の夜に

過激派ファンが暴徒化

写真拡大

FCバルセロナの過激派ファンがリヨンで深刻な事件を起こし、楽しいはずの夜が、“恐怖の夜”に変わってしまったという証言が報道されている。

安全で平和的なマナーと共にチャンピオンズリーグを見るために現地入りしたバルサファンは、バルサの高潔さが黒い服を着たボイショス・ノイス(バルサの過激派ファンの愛称)に脅かされたとしている。

彼らは、発煙筒(UEFAによって禁じられている)を焚いただけでなく、一般のバルサファンを度々侮辱したということである。

元会長ジョアン・ラポルタは、バルサに守られながら敵地を訪れたとされるこれらのファンを非難している。なお、数時間後にクラブは、この事実を否定しており、過激派ファンは自分達でリヨンを訪れ、フィールドに入ったと主張している。

クラブがいかなるサポート、移動手段、チケットも提供していないというのであれば、それを信じなければならない。しかし、この件に関する調査を行い、再び起こらないようにする必要がある。

なぜなら、バルサをサポートするために正当に現地を訪れたバルサファンがこのようなフットボールを悪用する人々による不快な状況に対処しなければならなかったことは受け入れがたいことである。

バルサファンがフットボールスタジアムで恐れを感じたことは許せないことであり、それが自分達のファンによることなどなおさらあってはならない。

また、チームと共に移動する気持ちが失われてしまったと告白する人々まで出てきていることは、とても悲しいことである。

バルサのエンブレムとカラーが人々を恐喝し、侮辱し、クラブのすべての価値に反している者達と共有されることなど耐え難いことである。

20日にリヨンで起きたことは、恥ずべきことであり、バルサは、このようなことが2度と起きないように対処する義務がある。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網