戻る


米有力誌がテスラの「モデル3」推奨取り下げ、信頼性を問題視

米有力誌がテスラの「モデル3」推奨取り下げ、信頼性を問題視

写真拡大

[デトロイト 21日 ロイター] - 米消費者向け情報誌「コンシューマー・リポート」は21日、信頼性の問題を理由に、米電気自動車大手テスラ<TSLA.O>の「モデル3」の推奨を取り下げた。

同誌によると、モデル3の生産加速に伴い、車体やインテリア、窓、塗装の問題の報告が増加したという。

同誌がモデル3を推奨してから9カ月もたたずに推奨を撤回したことで、モデル3発売以降、テスラが直面してきた「質」の問題が浮き彫りになった。

コンシューマー・リポートは多くの消費者が自動車購入を検討する際に参考にしている。同誌のランキングは走行試験、信頼性、安全性、オーナーの満足度の評価に基づく。

モデル3の低評価が響き、同誌の2019年の自動車ブランド別ランキングで、テスラは33ブランド中19位に沈んだ。

テスラ側は電子メールで「モデル3の購入者が経験した可能性のある問題を修正するための大幅な改善をすでに行った」と説明。「当社の方針では、製品に満足していない顧客には全額返金での対応を認めている」とした。

今回、衝突被害軽減自動ブレーキ(AEB)を搭載していない自動車が推奨されなかったことで、ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>の「シボレー」など人気車種を扱う他のメーカーに対しても、AEBを標準装備とするよう求める圧力が強まっている。

コンシューマー・リポートの自動車検査担当者ジェイク・フィッシャー氏は、電話取材に対し「われわれは衝突回避に極めて有効な自動ブレーキを長年推奨してきた」と述べた。

多くの新車モデルにはAEBが搭載されている。コンシューマー・リポートの2019年の中型SUV部門で最高評価を得たスバル<7270.T>の「アセント」もその一つ。

スバルは同誌のブランドランキングで首位、2位は現代自動車<005380.KS>の高級車「ジェネシス」、3位は独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>傘下の「ポルシェ」と「アウディ」だった。トヨタ自動車<7203.T>の「レクサス」は5位。

2019年に同誌の最高評価を得た車種にはこのほか、トヨタのフルサイズ「アバロン・ハイブリッド」、「プリウス」、スバルのSUV「フォレスター」が含まれる。

GMのシボレーはブランドランキングで23位だった。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網