戻る


予約殺到の頭ほぐし専門店「悟空のきもち」がNY進出 勝算は「特にありません」

頭ほぐしの様子(悟空のきもち提供)

写真拡大 (全2枚)

「行く」を英語でいう場合には、GoのほかHeadを使っても表せるそう。無水ヘッドスパで日本を席巻した「悟空のきもち」が、このたびヘッド・トゥ・ニューヨークである。

 ***

「悟空のきもち」は、日本初の“頭ほぐし”専門店だ。世に肩や足を揉む店は数あれど、「頭」はなおざりになりがち……。そこに商機を見出した元会計士の金田淳美社長が、2008年に京都で創業した。

 謳うのは“絶頂睡眠”をお届けするほぐし術。“揉み手”であるヘッドマイスターの手によって、客のほとんどが10分以内に眠ってしまうんだとか。口コミを中心にその評判は広まり、現在では京都店ほか、心斎橋、そして原宿と銀座に店舗を構える。

 今では“1カ月の予約が1分で埋まる”とか“43万人がキャンセル待ち”なんて状況にあるという(HPより)。揉んできた頭はのべ50万人ほど。ここ2〜3年はスタッフを増員し、100名態勢を敷いても対応が追いつかない。キャンセルが出たことを知らせるためのLINEアカウントまで用意されているというから、人気のほどがうかがえるものだ。そんな「悟空のきもち」が、この3月からニューヨーク店を開店するという。

頭ほぐしの様子(悟空のきもち提供)

「いざ海外進出!というわけでは、まったくないんです……」

 と、NY滞在中の金田社長に代わって取材に応じるのは、社外広報担当の永野氏である。

「『NYへ出店したい』というのは、創業時からの金田の夢なんです。おかげさまで日本のお店は好評で、現在、銀座店は席数を増やすために拡張しているほど。もし新たにお店を出すのであれば、本当ならば日本がいい。しかし夢が忘れられず、今回、NY店をオープンすることとなりました。だから向こうで受け入れられるのか、“勝算”というのも別にないんです」

オープン準備中のNY店。こちらの店舗に限らず内装はエンタメ感満載(悟空のきもち提供)

 出店地は、ミッドタウンの中心、エンパイアステートビルまで南へ4ブロックという立地だ。これも「一昨年頃から探し始めて、たまたま空いていた」のだそう。

「頭ほぐしがアメリカで受け入れられるか?といったマーケティングも特にしていません。向こうの方は、肩が凝らないなんて話も聞きますし、“流行らないよ”ともいわれます。が、そもそも日本もそんなところからスタートしたわけですからね。日本では“頭を揉まれて気持ち良くなる”という新しい体験型のエンターテイメントとして支持されてきた経緯があります。NYでは、どうでしょう。むしろ何もないゼロからビジネスを立ち上げる、そんな体験をもう一度してみたいからこそ、NYに店を出すというのもあります。」

気になるお値段は

 原宿店や心斎橋店が二十数席を設けるのに対し、NY店は6席。スパを行う“ヘッドマイスター”は現地採用で、現在、技術研修中だそう。日本の店と違いはあるのか。

「まず値段です。日本のお店は60分で税込7千円。一方のNY店は、60分150ドル(およそ1万6500円)。ニューヨークは物価が高いので……。現地でお店をやっている日本企業の飲食店さんも、だいたい日本の2〜3倍の価格設定ですからね。そうせざるをえないのです。そして最大の違いは『悟空のきもち』の店名です」

 すでにNYに店舗がある日系企業では、たとえば「UNIQLO」は横文字だから通じるし、「いきなりステーキ」もステーキ店だと判断がつく。「一風堂」「大戸屋」はそもそも短い。対するこちらは、西遊記がメジャーでもなければ、頭に輪っか(禁箍児)をハメられた孫悟空のエピソードも知られていない……。

「そこでNYでは『Goo9(グーナイン)』の看板で営業します。ご(goo)くう(9)をもじりつつ、英語の『グッナイ(good night)』ともかかっているわけです」

 旅行代理店のHISと組んで、NY店ツアーも開催(14万9800円から)。日本のお店の予約が取れないのであれば、いっそこちらを申し込んでも……? 実際、先のキャンセル待ちLINEには、そんな旨の告知も流れたのだが、

「昨年夏くらいから、なかなかキャンセル待ちのご案内もできなくなってしまいました。すでにご来店いただいたことのあるお客様は、帰り際に次の予約をお取りいただけるシステムなんですが、リピート率が高すぎるんです。もともとは毎回、2名予約ができたところを、現在は3回に1回に。それでもこんな状況なのです」

 と、店はアタマを抱える状況で、客は予約をとれずにやっぱりアタマが痛い。3月1日にオープンするNY店が、これをほぐせるか否か――。

週刊新潮WEB取材班

2019年2月22日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網