戻る


dynabook Gレビュー! 見た目ではわからない「Genuine」なところを探す【後編】

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●有線LANポートも載せた13.3型モバイル

2019年1月17日に発表された13.3型ノートPC「dynabook G」シリーズの「G」は、本物や純粋などを意味する「Genuine」から取られたそうです。

1989年から続いた”東芝のdynabook”に終止符が打たれ、シャープ傘下で生まれたdynabook第1弾、それがdynabook G。今回は、このdynabook Gの見ただけではわからないいいところ、つまり「Genuine」なところを実機から探っていきます。

前編ではDynabook Gシリーズのデザイン、そして機能の「Genuine」な部分を見てきました。この後編では、インタフェースやパフォーマンスに関する「Genuine」な部分を紹介しましょう。

■試用機の主な仕様 [製品名] dynabook G8 P1G8JPBL [CPU] Intel Core i7-8550U(1.80GHz) [メモリ] 8GB [グラフィックス] Intel UHD Graphics 620(CPU内蔵) [ストレージ] 512GB PCIe SSD [光学ドライブ] 非搭載 [ディスプレイ] 13.3型ワイド液晶、1,920×1,080ドット、タッチ非対応 [OS] Windows 10 Home 64bit版 [バッテリー駆動時間] 約19時間 [本体サイズ/重量] W308.8×D211.6×H17.9mm / 約859g(試用機の場合。最小構成では約779g) [実勢価格(税込、2019年2月下旬)] 211,240円前後

○LANポートや通常サイズのHDMI、USBを搭載

さて、本体に搭載したインタフェースも注目したいところです。薄型軽量ボディが重要なイマドキモバイルノートPCでは、薄いボディを実現するために本体に搭載するインタフェースの種類と数を“厳選”する傾向にあります。

幸いにしてインタフェース規格が進化したおかげで、「USB Type-Cを積んどけ」で十分事足りるようになりました。コネクタサイズがコンパクトで高速なデータ転送が可能なだけでなく、サポートする規格によっては映像出力インタフェースとしても充電用のコネクタとしても利用できるので、最近のモバイルノートPCではUSB Type-Cだけを2〜3基搭載しているだけ、というモデルも少なくありません。

しかし、dynabook Gシリーズは違います。とはいえ、登場したばかりの最新規格に対応した最先端のインタフェースがあるわけではなく、逆に「古い規格」に対応したインタフェースを幅広くそろえているのです。

もちろん、USB Type-Cもありますが、それは右側面の1基だけで、他にはHDMI出力に、USB 3.0(Type-A)が2基、最近では搭載するモデルがずいぶんと減った有線LANポートも1基備えています。

特に薄いボディにサイズが大きい有線LANポートを搭載する例は珍しく(外付けのアダプタを用意するモデルは多いが)、あっても「折りたたみ式」にして、使うときに広げることで何とか搭載するケースが多い中、dynabook Gシリーズは有線LANポートを“そのまま”ボディに組み込んでいます。Dynabookの中に人に聞くと「これもユーザーの使い勝手を優先したが故」とのことです。

USB Type-Cは確かにほぼ万能で、これだけあれば事足りるのは規格のスペック的にその通りなのですが、今使っている周辺機器や外部ストレージなどを見回すと、「まだまだType-AのUSB機器が多くて」というユーザーが依然として多いです。

そして、(これは職業柄かもしれないのですが)大人数が無線LANを使用する環境だと自分の無線LANが不安定なことが多々あり、確実にネットワークを利用できるのは有線LANであることがしばしばあります。そんななとき、本体に有線LANポートがあるととても助かる、という経験をしています(外付けの有線LANアダプタは「オフィスで有線LANしか使えない」場合の利用なので、多くのユーザーはほぼ持ち歩かないはず)。

●最上位モデルのベンチマーク結果は?

dynabook Gシリーズは、搭載するCPUやシステムメモリ容量、ストレージの容量が異なる「G8」「G7」「G6」「G5」の4モデルを用意しています。それぞれで搭載するCPUとシステムメモリ容量、ストレージ容量、そして、2019年2月下旬における実売価格を比べると次のようになります。

ちなみに、Web通販モデルのdynabook GZでCPUをCore i5-8250U、システムメモリ容量を8GB、顔認証機能なし、Officeなし、解像度1920×1080ドットの構成を選ぶと15万8760円になります(ここで示した価格はすべて税込)。

○店頭モデル最上位「dynabook G8」のベンチ結果は

今回評価で用いたのは最もスペックの高いdynabook G8です。評価用機材のシステム構成とベンチマークテストで測定したスコアは次のようになります。

○dynabook G8基本情報

製品名:dynabook G8 P1G8JPBL

CPU:Intel Core i7-8550U(1.80GHz)

メモリ:8GB(DDR4 SDRAM 2400MHz)

ストレージ:512GB M.2 PCI Express接続SSD

光学ドライブ:なし

グラフィックス:Intel HD Graphics 620(CPU内蔵)

ディスプレイ:13.3型フルHD液晶(1,920×1,080ドット)

ネットワーク:IEEE802.11ac対応無線LAN、Bluetooth 4.1

インタフェース:USB 3.1 Type-C(Gen 1)、USB 3.0 Type-A 2基、有線LAN、HDMI、マイク/ヘッドフォンコンボジャック、microSDスロット

サイズ/重量:W308.8×D211.6×H17.9mm / 約859g

OS:Windows 10 Home 64bit

○ベンチマーク1:全体、CPU、グラフィックス

PCMark 10 Essentials:6116

PCMark 10 Productivity:5748

3DMark Night Raid:4044

3DMark Cloud Gate:7031

CINEBENCH R15 CPU:455

CINEBENCH R15 CPU(Single Core):161

○ベンチマーク2:CrystalDiskMark 6.0.2

Seq Q32T1 Read:1623.4MB/s

Seq Q32T1 Write:1062.8MB/s

4KiB Q8T8 Read:975.0MB/s

4KiB Q8T8 Write:298.3MB/s

4KiB Q32T1 Read:386.0MB/s

4KiB Q32T1 Write:360.2MB/s

4KiB Q1T1 Read:54.37MB/s

4KiB Q1T1 Write:153.8MB/s

○バッテリベンチマーク:BBENCH

BBENCH 1.0.1:11時間55分40秒

バッテリ駆動時間を調べるBBENCH 1.0.1の測定では、電源プランにパフォーマンス優先のバランスモードを選択し、ディスプレイの輝度は10段階の下から6段階目に設定しました。

また、30分間充電した状態でバッテリは満充電容量から49%まで充電されたのを確認しています。BBENCH 1.0.1の測定ログによると、バッテリー残量49%から残量2%になるまで、5時間23分28秒かかっています。

なお、dynabook Gシリーズは液晶輝度を最も低い段階に設定してもディスプレイの表示を十分視認できました。そのため、バッテリー駆動時間を優先したい場合、ディスプレイ輝度を最も低く設定しても実用上は問題ないと思われます。その場合、バッテリ駆動時間は今回の測定結果より長くなるはずです。

○老舗メーカーが盛り込んだ使いやすさが「Genuine」だった

dynabook Gシリーズは、その見た目からはいたってオーソドックスな凡庸なモバイルノートPCという印象を受けてしまうかもしれません。しかし、ボディを手に持って分かる軽さ、使ってみて分かる堅牢性、キーボードをタイプして分かる巧みな排熱処理、手持ちの周辺機器が依然として使いまわせる幅広いボディ搭載インタフェース、と、その使いやすさこそが、Dynabookの中の人が訴求する「“GはGenuineのG”」ではないかと思うのです。本当に使いやすいモバイルノートPCを探しているユーザーにとって、dynabook Gは有力な選択候補となるはずです。

前編はこちら

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網