戻る


J1全18クラブ総合評価ランキング。優勝候補のA判定、苦戦予想のE判定はどこ?【編集部フォーカス】

A評価の3クラブ【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

A評価

2019年のJ1リーグが間もなく開幕する。新シーズンに向け各クラブはどのような補強を行ったのだろうか。フットボールチャンネルでは各クラブの開幕前診断を行ってきたが、今回は18クラブの評価をおさらいする。

----------

川崎フロンターレ
 エウシーニョはチームを去ったが、昨季の主力選手はおおむね残留を果たしており、布陣は盤石と言えるだろう。新加入選手は、2季連続のチャンピオンチームをさらに上のレベルへ引き上げる非常に重要なミッションを課されたわけだが、どこまで貢献できるだろうか。いずれにしても新シーズンの川崎Fには大きな期待を抱くことができる。リーグ3連覇はもちろん、その他のタイトルも手中に収めたいところだ。

浦和レッズ
 新加入選手たちはポジション争いを激化させるだけでなく、そのまま定位置を奪うだけの力を持つ者ばかり。昨季のチームにプラスアルファを加えるには十分なメンツと言えるだろう。全国的な知名度はまだそこまで高くない汰木康也も武器を有しており、単なるアクセント以上の存在になる可能性を秘めている。退団した選手も実力者ばかりだが、新戦力を見れば総合力アップが期待できるのではないか。

ヴィッセル神戸
 昨季は残留争いを強いられたが、今季のチームには上位進出の期待感を抱ける。イニエスタ、ポドルスキ、ビジャらは強烈な“個”を放つことが期待されるが、やはりカギを握るのはリージョ監督だ。タレントをまとめ上げ、チームにポゼッションサッカーを高いレベルで植え付けることができれば、ACL出場権獲得はもちろん、リーグ優勝も狙えるはず。だが、大幅な戦力の入れ替えは崩壊へと導く危険性があることも忘れてはならない。

B評価

鹿島アントラーズ
 昌子源と西大伍の穴は決して小さくないだろう。CBは犬飼智也やチョン・スンヒョン、町田浩樹のさらなる成長に期待。右サイドバックは内田、ユーティリティプレーヤーの安西幸輝が務めることになるだろうか。ACLはプレーオフからの参戦となるが、本戦出場となった際にこの陣容で乗り切れるのか。チームとしての地力は間違いないが、一抹の不安はある。

サンフレッチェ広島
 昨季は前半戦の快進撃も記憶に新しいところだが、夏場以降に失速した。研究された時にそれを上回ることはできなかったのは事実だが、チームとしての総合力は決して低くない。城福監督体制2年目の今季は勝負の年となるが、一丸となって戦いたいところだ。

ガンバ大阪
 昨季終盤の9連勝をもたらした主力選手はおおむね残留を果たしており、今季もそれらの選手がチームのベースとなる。上位進出を狙える戦力が揃っており、期待値は高い。タイトル獲得を狙いたいところだが、まずはACL出場権の獲得を目指したい。

C評価

北海道コンサドーレ札幌
 攻撃的なサッカーが売りのペトロヴィッチ監督率いるチームだけに、アタッカーの補強が目立った。広く知れ渡っているスタイルとはいえ、習得には時間を要するはず。都倉と三好が退団しており、まずは昨季のクオリティを維持することが第一。その意味でも新戦力は札幌のサッカーに順応しながら、チームにプラスアルファをもたらさなければならない。

FC東京
 主力の多くが残ったが、昨季は後半戦に失速しているのが気がかり。長谷川監督体制2年目とあってさらなるチーム力アップが期待される。新戦力との融合がスムーズに進めば、リーグをけん引できるのではないか。

横浜F・マリノス
 昨季後半戦は3バックも試したが、今季は引き続き4バックを採用して4-3-3をベースに戦うことが濃厚。他クラブも大型補強などで力を増しており、個々のタレントで見れば優勝争いはまだ厳しいか。だが組織として一皮剥ければアタッキング・フットボールが大ブレイクする可能性も秘める。三好が早くもインサイドハーフで独特のスタイルに順応している姿を見せるなど競争は激化している。従来の主力たちもうかうかしてはいられない。

清水エスパルス
 目標は昨季の8位を越える順位でシーズンを終わらせること。欲を言えば「トップ5入り」を狙いたい。攻撃陣が昨季と同じような破壊力を持ち、守備面に安定感がもたらされれば、それらを達成することも可能だろう。

セレッソ大阪
 得点力に関しては未知数な部分も多いが、昨季から主力の顔ぶれがほとんど変わっていない最終ラインは大崩れしないはず。中盤にも実力の確かな選手が揃っており、戦い方がしっかりと整備されれば安定して力を発揮できるチームになるだろう。

湘南ベルマーレ
 湘南ベルマーレとして初の2年連続J1残留を目指す今季。重要な戦力を揃え、目標達成への準備は整った。曹貴裁体制8年目となる2019シーズンが、J1定着への第一歩となってもおかしくはない。しかし、上位進出を果たせるかどうかはまだ不透明な部分があり、現段階ではC評価が妥当といったところだろうか。

D評価

ベガルタ仙台
 板倉や野津田、奥埜といった選手を失ったのはかなりの大ダメージだ。補強には積極的ではあったが、戦力的にアップしたとは言い難い。新加入選手が不発に終わってしまえば、もちろんのことだがチームとしての崩壊も覚悟せざるを得ない。2019シーズンの船出は厳しいものとなるだろう。

ジュビロ磐田
 どの選手も大きな怪我なくシーズンを戦えれば、中位以上の成績を収められる可能性はある。しかし、離脱者が出ないと断言することはできない。選手個々を見れば実力者が揃うだけに、最も力を発揮できる陣容を見極めたいところだ。

名古屋グランパス
 補強は満足のいくもので、実力者は数多く揃っている。しかし、昨季の成績を踏まえると、開幕前の評価はDに留めておきたい。優勝争いに食い込める可能性もあるが、守備の脆さは改善が必要であり、ジョー、G・シャビエルらに頼り過ぎない戦い方も求められる。

大分トリニータ
 昇格組ということもあり、評価はDに留めた。チームは確実に成長しているが、戦力的にはやはり残留が現実的な目標。ただ、昨季J2で最多得点を叩き出した爆発的な攻撃力は期待したいところだ。

E評価

松本山雅FC
 昇格組ということで評価は低くせざるを得ない。しかし、チーム一丸となって戦える集団だけに、大崩れはしないのではないか。しぶとく勝ち点を拾い、残留という目標に近づきたい。反町監督の手綱捌きに期待だ。

サガン鳥栖
 攻撃陣の顔ぶれは多彩で、機能すれば破壊力はリーグ屈指となるだろう。だが、得点力不足だった昨季を忘れてはならない。また、守備陣は主力が代わった。堅守は前年の売りだったが、権田の活躍によるところもあっただけに、今季はチームとしてレベルアップしていきたい。

text by 編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網