戻る


デヴィ夫人、法廷で叱られた 傍聴席で「信じられない」と失笑し「お静かに」

 裁判を終え取材に応じるデヴィ夫人=東京地裁 

写真拡大

 タレントのデヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた同事務所の元経理担当スタッフ・辻村秀一郎被告(61)の公判が21日、東京地裁で結審し、検察側は懲役4年6月を求刑した。判決は3月5日。デヴィ夫人は意見陳述を行うために出廷した。

 肩まで伸びた白髪にジャージー姿の辻村被告は被告人質問で「給料未払いと、渋谷に家を買うという甘い言葉に惑わされた」と語った。横領の理由について「夫人のやかましさの仕返しで回数が重なった。夫人の困る顔が見たかった。金は当時の交際相手に渡したりした」などと述べた。「夫人がまさかこんなことをするなんて」と語ると、傍聴席最前列にいたデヴィ夫人は「信じられない」と失笑。裁判長から「お静かに」と注意される場面もあった。

 証言台に立ったデヴィ夫人は「こんなに、うそ八百を並べることに逆に感心しました」とあきれ顔。公判後の取材では、横領の一部しか罪に問われていないと訴え、今後は民事訴訟も起こす意向であることも明かした。

 起訴状によると、2013年12月〜16年8月に59回、事務所名義の預金口座から計約2200万円を引き出し着服したとしている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網