戻る


「トクする銀行」をマニア目線で検証してみた


キャッシュレス決済でオトクな銀行サービスはどこか、筆者の視点でジャッジしてみた(写真:Graphs/PIXTA)

近頃、この国では「キャッシュレス、キャッシュレス」と騒がしいが、私たちに身近な銀行もその波をもろにかぶっている。

現金決済のインフラ維持には年間約1兆円もかかるとか、ATM運営コストは2兆円だとか、それらを背景にキャッシュカードはどんどんデビット機能付きに切り替わり、取引手数料は値上げされ、ネットバンキングアプリへと誘導されていく。

もちろん、営利事業である以上、銀行がムダを切り捨てて合理化に進むのは仕方がない。しかし、それでわれわれ利用者に不便になっていないかどうかは、しっかり検証する必要があるはずだ。

筆者は仕事柄、「よりオトクな銀行はどこか」をつねに考えている。しかし、最近は上記のように各行のサービスが変容しつつあり、正解は目まぐるしく変わる。われわれはどの銀行と付き合うべきか、付き合いを考え直すべきか。筆者の視点からジャッジしてみようと思う。

なお、今回の俎上に載せるのはメガバンクとネット銀行に限ることと、独自の視点のため、セレクトから漏れる銀行も出てしまうことをご理解いただきたい。

サービス改悪でがっかりした銀行は…

ここ数年、銀行においては手数料改定の動きが目立ってきた。なかでもコンビニATMの利用手数料の改悪が相次いでいる。例えば、新生銀行。

それまで新生銀行は、口座保有者なら条件なしに「主なコンビニATMで土日祝日含めて24時間手数料0円」を売りにしてきた。筆者もそのサービスを評価し、これまでずいぶんお勧めもしてきたものだ。

ところが2018年10月から、新生銀行はその看板を下ろしてしまった。取引内容によりランク付けされる「新生プラチナ」「新生ゴールド」「新生スタンダード」のうち、スタンダードの顧客を無料から外し、引き出し1回ごとに108円(税込み)がかかると変えてしまった。なお、スタンダードとは外貨や投信などを利用せず、円預金があっても残高が100万円に満たない人が該当する。

この新生銀行に続くように、次々に手数料改悪を発表する銀行が増えた。じぶん銀行もその1つ。

じぶん銀行は、取引条件によって判定される5つのステージのうち、ステージ1「じぶんプラス1」の優遇特典がなくなる改定をした。ATMの利用手数料について、これまではステージ1(残高10万円未満)でも預け入れは無料、引き出しも月2回まで(ゆうちょ銀行は月1回)は無料だったが、その優遇がなくなり、入出金にかかわらず1回108円(ゆうちょ銀行は216円)の手数料がかかる。

新生銀行の残高100万円以上と比べればハードルは低いとはいえ、無料回数ゼロは厳しい。新生銀もじぶん銀も、自前のATMを持たない銀行なのだから、なおさらだ。

これで、取引条件なしでほぼ365日24時間手数料無料で入出金可能な銀行は、ゆうちょ銀行とイオン銀行くらいとなった(どちらも自社ATMの場合。ちなみにセブン銀行とローソン銀行は時間によって手数料がかかる)。

しかし、ゆうちょ銀行も2019年4月からの払込手数料の引き上げを発表している。褒めてばかりはいられない。(記事内の手数料は税込み)

休眠預金にならないよう親切な銀行は?

ご存じのように、「休眠預金等活用法」がスタートし、2009年1月1日から10年以上、入出金など取引のないわれわれの預金(普通預金、定期預金、貯蓄預金など)は休眠預金として扱われ、民間公益活動に活用されることになっている。

銀行には、その認定をしたり預金者に通知をしたりという作業が発生する。原則として1万円以上の残高があれば郵送などで知らせることになっているので、その手間も膨大だろう。通知が来るまで待たなくても、自分に心当たりがある預金があったらどうすればいいのか。

昔々に口座を開いた人が多いだろうと思われるメガバンクで調べてみた。各行のサイト上の「よくある質問(FAQ)」ページに行き、「古い通帳」とキーワード入力してみる。

ぱっと反応したのは、みずほ銀行と三菱UFJ銀行。「お客さまの預金は大切にお預かりしていますので、古い通帳やキャッシュカードも引き続きご利用いただけます……」というのはみずほ銀。しかも、合併元である 旧第一勧業銀行、旧富士銀行、旧日本興業銀行の通帳などは“そのままでは使えない場合があるので、取引店に連絡するか、お近くのみずほ銀行にご来店ください”とある。

かつて口座を開いた支店まで行かなくていいと言ってくれている。また、その際に持参するべきものも一覧で書いてあり、わかりやすい。

三菱UFJ銀行の場合も、Q&Aで「古い通帳」と検索すると、休眠預金の説明にとぶ。さらに詳しい説明へのリンクがあり、預金通帳・証書・キャッシュカード・取引印が見当たらない場合の手続きについても案内があった。受け付けについても、お近くの支店へご来店くださいとある。

三菱UFJ銀行も合併を繰り返してきた銀行だ。旧東京三菱銀行、旧UFJ銀行、旧三菱銀行、旧東京銀行、旧三和銀行、旧東海銀行のご預金も含みます、とあるのも、みずほ銀行同様ありがたい。

残念ながら、三井住友銀行は、「古い通帳」では反応なし、「休眠預金」でヒットしたが説明はそっけない。古い通帳が見つかったとき、どうすればいいかは記載が見つけられなかった。もし詳しく説明があるのなら、もっと簡単に検索できるようにしてほしい。

よって、休眠預金にならないよう親切な銀行ランキングは、みずほ銀行と三菱UFJ銀行が同率1位……と思ったら、伏兵がいた。ゆうちょ銀行は、なんとサイトのトップに「『長期間ご利用がない貯金のご確認のお願い』を送付しています」との注意喚起があるではないか。

ただし、ゆうちょ銀行の場合は、2007年10月1日の郵政民営化前と後では古い貯金の扱いが異なる。2007年9月30日の時点で、最後の取引あるいは満期日から20年2カ月を経過している場合は、旧郵便貯金法の規定により権利自体が消滅している。

なるほど親切ではあるが、他行とは条件が異なるので、今回は番外とさせてもらいたい。なお各行のサイト内容は2019年2月時点のもので調べており、今後変更される可能性はある。

コンビニユーザーがトクする銀行は?

毎日お世話になるコンビニで、トクする銀行はどこだろうか。候補の1行目は2018年に開業したローソン銀行。ATM主体の流通系ネット銀行だ。

ローソン銀行のATMで出金すると、ローソン取扱商品の値引きクーポンを提供する「ATMクーポン」を何度か実施している。これまで、マチカフェ(コーヒー)、ウチカフェスイーツ、ローソンベーカリーなどの割引クーポンを実施。2月以降の実施告知はまだないが、ATMビジネスを柱に据えている当行なら、今後もこうしたクーポンサービスは期待できそうだ。

ちなみに、ローソン銀行の口座がなくても、ローソン銀行ATMを利用すれば対象となる(海外発行カード、 住信SBIネット銀行カードの利用は対象外)。

ミニストップのユーザーなら、うれしいのは店内のイオン銀行ATM。毎月15日・25日にこのATMで引き出しを利用すると、ミニストップ店舗で使える「挽きたてコーヒーSサイズ」の50円券がATMから発券される。挽きたてコーヒーSサイズ1杯100円(税込み)が、50円(税込み)で購入できるわけだ(2019年3月25日までの予定)。こちらもイオン銀行以外の銀行キャッシュカードでも対象になる(対象となる銀行などはATMにて確認を)。

ファミリーマートでTポイントを貯めたいなら、ジャパンネット銀行がメリット大だ。Visaデビット付きキャッシュカードとして、ファミマTカードが選べる。Tカードとして使えるだけでなく、デビットカードの支払いで通常の2倍(200円につき2ポイント。ファミランクがブロンズの場合)貯まる。毎週火曜・土曜日のカードの日にデビット決済すれば、現金払いに比べ5倍のポイントが付く(ファミランクがブロンズの場合)。

また、ヤフー株式会社のグループ会社のため、「Yahoo! JAPAN」アプリからコード決済アプリ「PayPay」への銀行口座登録もたやすい。

これは、普段自分がどこのコンビニを利用するかで順位が動きそうだ。今後のサービスに期待を込めて、コンビニユーザーがトクする銀行の1位はローソン銀行としたい。

やはり外せない、ポイント還元はどこがオトクか?

消費増税対策で盛り上がっているポイント還元。銀行でもポイント付与に力を入れているところは多い。特に気になるのは、イオン銀行、セブン銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行。それぞれのキャッシュカード(デビットや電子マネー一体型)で支払った場合を比較する。

まずイオン銀行のキャッシュカードといえば、電子マネーWAONにクレジット機能が付いた一体型のイオンカードセレクト。イオン銀行口座からのWAONオートチャージ200円ごとに1ポイント、電子マネーWAONの利用200円ごとに1ポイントとWAONポイントが2倍貯まる。

イオン銀行を給与振り込みに指定すれば毎月10ポイント、口座振替1件につき毎月5ポイント付与される。電気・ガス・水道・ケータイ料金の4つなら合計なら20ポイントだ(クレジット利用のポイントはWAONポイントではないのでここでは含まない)。

同じく電子マネー系のポイントが貯まるセブン銀行。セブン銀行のnanaco一体型あるいはひも付け型デビットカードの場合、セブン-イレブンでデビット支払いすれば購入金額の1.5%が、イトーヨーカドーや西武、デニーズなどセブン&アイグループなら1%のnanacoポイントが付く。

JCB加盟店での支払いでは0.5%だ。利用時における還元率だけで比較すればセブン銀行のほうが高いとはいえる。WAONを貯めるかnanacoを貯めるか、これは根が深い比較になる。なにせ、お互いのATMでは、お互いのカードは使えないというライバル関係だ。自分の生活圏がいずれであるかで、勝ちを決めるほかない。

次に、こちらもライバル同士の住信SBIネット銀行と楽天銀行。住信SBI銀のVisaデビット付きキャッシュカードは、月間の利用金額の合計1000円ごとに6ポイントの「スマプロポイント」が貯まる。0.6%還元ということになる。また、給与受取口座への指定で30ポイント、口座振替1件当たり5ポイント。貯まったポイントは、500ポイント以上100ポイント単位で現金またはJALのマイルに交換可能だ(交換比率はそれぞれ異なる)。

対して楽天銀行デビットカード(JCB)は100円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが付くが、楽天市場の支払いなら2ポイントにアップ。1〜2%還元となる。また、楽天銀行にも取引に応じてポイント付与があるハッピープログラムがある。給与の受け取り1〜3ポイント、口座引き落とし1〜3ポイントと、こちらは微妙な数字。ただし、楽天証券での取引も対象になるため、投資商品の売買をしている人にはそれに応じてポイントが貯まるだろう。

この対決は、筆者は楽天銀行を勝ちにしたい。スマプロポイントは500ポイントからしか交換できないのが難点だからだ。利用金額だけで500ポイント貯めるには、月に3万円ずつ使えば3カ月、2万円ずつなら4.5カ月かかる(ポイントには有効期限があり付与月の翌々年度3月末まで)。利便性では楽天が優位だろう。

なお、デビットカード利用でキャッシュバック方式を取っている銀行もある。主にメガバンクがそうだが、還元率はみずほJCBデビットが0.2%、SMBCデビットが0.25%(ポイントバックだと0.5%)、三菱UFJ-VISAデビットが0.2%だ。しかし、みずほや三菱は年会費がかかる(無料になる条件あり)。

年会費無料でキャッシュバック率が高いのは、ソニー銀行のVISAデビット付きキャッシュカードSony Bank WALLETだろう。国内利用で0.5%、利用状況のステータスによって最大2%までキャッシュバックされる。キャッシュバック系では、ソニー銀行が1位と言っても過言でない。

つまるところ、銀行はATMから引き出さずにデビットカードで預金を使ってほしい、そのためにポイントやキャッシュバックのサービスをするという流れがはっきりしている。そして取引はアプリでお願いします、というわけだ。

いろいろ見てきたが、まずはメインで使っている銀行のサービス変更を見落とさないことが第一だ。トクもむろん大事だが、損をしない銀行と付き合うことが肝要なのだから。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網