戻る


小犬を救うために躊躇なく凍った川に飛び込んだ男

動物愛護の精神を身をもって示した1人の男性が、米国ニューヨーク州のニュースメディアで話題になっている。

どんな犬が傷つくのも見たくない

ニューヨーク州アムハーストに住むDon Chattenさんは動物好きだ。家には2匹の犬と、娘が飼っている豚がいる。

特に犬が好きで、「どんな犬が傷つくのも見たくない」とニュースメディアに語るほどの無類の愛犬家。

口でそう言うのは簡単だが、Chattenさんのように行動でそれを示すのは容易ではないだろう。

他人の犬が凍った川に落ちた

それは2月15日の寒い日のことだった。Ellicott Island Bark公園で2匹の犬を散歩させていたChattenさんは、何かを探すような様子の男性に出会ったと言う。

2匹の犬を連れて公園を出ようとしている時でした。一人の礼儀正しい男性が近寄ってきて、小さな黒い犬を見なかったか、と私に聞いたのです。

見ていなかったChattenさんは男性と別れて公園の出口に向かったが、その途中、何かを聞きつけた飼い犬のMiloが川端で立ち止まった。

私はMiloを引っ張って駐車場に行こうとしましたが、今度は2匹とも動かずに川を見ていました。すると別の犬がクンクン鳴いている、弱々しい声が聞こえたのです。

黒い小さな犬、さっきの飼い主が探していた犬が、凍った小川に落ちて這い上がれなくなっていた。

だが、飼い主はもうどこかへ行ってしまって見当たらない。

Chattenさんは躊躇なく浅い川に入り、氷を割って進むと、その子犬を助けた。

通りがかりの人がFacebookに投稿

その場に居合わせたSamantha Kellyさんという人がその様子を写真に撮り、Facebookに投稿している。投稿文にはこう書かれている。

犬を救ったその男性は、氷を割って進んだので、頭から足の先までびしょ濡れになっていました。

助けられた犬は肺炎を起こしており、動物病院で治療中であるとのこと。

あの犬を助けることができて、とても嬉しいです。もし明日同じことが起こっても、私は同じことをするつもりです。

Chattenさんはこう言っている。行動を伴った愛犬家に脱帽してしまう。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網