戻る


堀江貴文、東大足切り見事突破!「40時間くらいしか勉強してない」

 19日、『ドラゴン堀江』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部に現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させるべく奮闘する、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。

 2月13日に東京大学の第一段階選抜合格者発表があり、TAWASHIは見事足切りを突破したものの、オバンドー吉川(鬼サンダー)と、グラビアアイドルのわちみなみは惜しくも二次試験には残れないという結果に。

 堀江もスタッフに促され結果を確認することになったが、見る前から「受かってるでしょう」と余裕の発言。合格者発表当日にツイッターで「センター試験東大二次の足切り突破しちゃった」と発言していた通り、見事足切り突破となった。

 「ほら通った」と言ってのける堀江は「トータル40時間くらいしか勉強してない」と衝撃の告白。多忙なスケジュールの中、最強講師陣の1人、理系担当のたくみから二人三脚で数学のレクチャーを25時間受けた他、国語や社会は移動時間を使って10時間、理科は試験前日の“一夜漬け”で5時間、英語に至っては自身のスキルを信じて“ノー勉強”で挑んだという。

 「数学はたくみ先生の授業がよすぎて、現役のときより気持ちいい」と感謝する堀江は「ちょっとなんかウキウキしてきました」と、二次試験に向けてさらにモチベーションを上げていた。

(C)AbemaTV

▶︎ 【無料配信中】ドラゴン堀江 第15巻「東京大学第一段階選抜合格者・発表」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網