戻る


【MLB】イチローがアクシデントで見せた人間力 死球を当てた2投手を救った言葉

「ライブBP」で打席に立ったマリナーズ・イチロー【写真:木崎英夫】

写真拡大

ライブBPで盟友ヘルナンデスから右足に死球も…

 オープン戦初戦を翌日に控えた20日(日本時間21日)、実戦形式の打撃練習(ライブBP)で今季の復活が期待されるフェリックス・ヘルナンデスとイチローが対峙。注目の顔合わせに、キャンプ地の簡易スタンドはにわかにファンで埋まったが、予期せぬ事態が待っていた。

 空振りをした直後の5球目、曲がりの速いスライダーがイチローの右足をショートバウンドで襲う。右足を踏み込んだ直後とあって、さすがのイチローも避けきれなかった。

「あー!!」

 激痛が走ったのか、大きな声を張り上げたイチローは、バランスを崩して両手で地面を着き、手から離さなかったバットを地面に押し当てて、最後は左足1本で立ち上がった。ヘルナンデスは心配そうにマウンドから駆け寄ったが、イチローは練習を継続。次の打席にも入ったが4球で終えると、残りのメニューを残してクラブハウスへ引き上げた。その際にヘルナンデスは再度歩み寄り、イチローを気遣った。

 援護の少ない試合も粘投で勝機を作ったヘルナンデスと、噛み合わない打線を牽引し続けたイチローは、長きに渡り低迷してきたマリナーズを支え続けた両雄。その2人が、報道陣もまばらになったクラブハウスで心を通わるシーンがあった。

「地味に痛い。無理しても仕方ない」

 この言葉を残して消えたイチローが、アイシングを終えて戻ってきた時だった。中南米出身の若手らと談笑していたヘルナンデスの姿を見るや否や、おもむろに右足を引きずり出した。イチローがその輪に向けて発した流暢なスペイン語が、彼らの爆笑を誘う。すると、笑いを収めたヘルナンデスが、こう返したのだった。

「My Bad!(俺が悪い!)」

 騒然となった出来事などまるでなかったかのように、2人は柔和な空気を醸した。

1年前の3月、練習試合で頭部に死球を受けるアクシデント発生

 その和みの光景に、1年前の3月を思い出す。

 契約がずれ込み、3週間遅れの合流となったキャンプ。レンジャーズとの練習試合に出場したイチローは、現ロッテで当時マイナー契約だった左腕ブランドン・マンから頭部へ死球を受け、倒れ込んだ。マウンドでうずくまったままのマン――。

 降板した後も試合を見つめていた傷心のマンは、近づいてきた当時マリナーズにいたアントニー鈴木氏(現巨人国際部)にクラブハウスへと導かれた。しばらくして戻ってきた左腕の表情から暗さは消えていた。聞けば、イチローから励ましの言葉を贈られたと言う。

「僕は大丈夫。気にしなくていいよ。それよりも今日のことが今後の投球に影響しないよう、恐れずに内角に投げてほしい」

 その約2か月後、ドラフトから16年を経て、マンは33歳で念願のメジャーデビューを果たしている。

 改造した打撃フォームにも安定感が出てきた中で見舞われた今回のアクシデント。今後の調整に影響が出る可能性もあるが、イチローはまたしても、当該投手の気持ちを思い取り、背中を押した。

 野球は人間がするスポーツ――。

 野球道を探究し続けるイチローの偉大さは技術だけではない。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網