戻る


“コロッケ味噌汁”だってあり。料理苦手さんに「ルールなしの汁物」がオススメ

“コロッケ味噌汁”だってあり。料理苦手さんに「ルールなしの汁物」がオススメ

写真拡大

『自炊力』。このタイトル、なんだかサバイバルっぽくないですか。

 気になったのが、料理力や料理上手ではなく、あえての「自炊力」という言葉。自炊ってことは、インスタントラーメンに生卵を落とすだけでもいいの? かなり雑ですが、著者のフードライター白央篤司氏によれば、これも立派な自炊なのです。

 数多あるレシピ本と違うのは、本書が「作らずに『買う』ことだって自炊です!」と断言しているところ。なるほど、今すぐにでも実践できそうじゃありませんか。

◆肌荒れや体重増加を回避「コンビニ食の正しい選び方」
 主婦歴10年目の私、在宅勤務で家族は夫だけという、わりとのんびりした生活を謳歌しているくせに、食材を余らせたり、やむなく廃棄処分にするという堕落ぶりです。しかし本書がツイッターでとったアンケートによれば(回答数1万11票、966リツリート)、半数以上が「料理が好きではない」と考えているという驚きの結果。この事実にホッとしたのは私だけではないでしょう。

 とはいえ、栄養バランスを考慮しなければ健康を損なう上に、肌荒れや体重増加など女性としては無視できない事態に陥ります。そこで本書が薦めるのは、「まずは組み合わせを覚えて、『買う』だけでいい」ということ。特にひとり暮らしの女性なら、夕食は仕事帰りにコンビニで調達、という人も多いでしょう。ここでただやみくもに買うのではなく、本書のロールモデルにそって選択するやり方です。

 それは…

 ☆主食 …… 好みのおにぎり
 ☆主菜 …… 肉か魚のおかず一品(または納豆など)
 ☆副菜 …… 野菜や海藻を使ったおかず(または野菜やワカメ入りのスープ、味噌汁など)

 この、主食、主菜、副菜の3要素を頭に入れて商品をカゴにイン。必然的に栄養バランスが取れるというわけです。最近はコンビニでも、1/2日分の野菜が取れるパスタなど各種取り揃えていますので、うまく活用するといいですね。

◆初心者あるある「材料を使い切れない」の対処法
 たまには手の込んだ料理をしよう! と決心しても、レシピを見ては気落ちする私です。だって、ネギ15cmだのニンジン100gだの、材料を買うにしても中途半端で、その後に使い切る自信がないのです。そもそも、ニンジン100gってどのくらいなの??

 料理のスキルを上げるには失敗はつきもの、とわかってはいても、食材を無駄にしたくないのが本音。だったら「食材を問わず作りやすいメニュー。冷蔵庫の整理に便利な料理」を覚えてみませんか、と本書。

「自分が作ってみたい料理にチャレンジする(自分の希望の具現化)」からの「余った材料を使い切る(現実問題の処理)」を繰り返していけば、ストレスなく問題解決できてしまうのです。

◆唐揚げでもコロッケでも、味噌汁の具はなんだってあり
 正直に言って私、私自身が手の込んだ料理を食べたいわけではないのです。まともに料理しないなんて主婦として失格、とか、夫の手前たまには気合を入れて料理しなきゃダメ、とか、自分にプレッシャーをかけているだけなのです。私みたいな方、けっこういませんか。

「前日の残りの鶏の唐揚げを野菜と煮込んで味噌汁にしてもいいのです」。これ、本書に書いてありましたが、料理研究家・土井善晴さんのお言葉だそうです。

 本書でも「千切りキャベツとコロッケの味噌汁、おいしいんですよ」と言っています。もう、難しい料理なんて嫌ならしなくてもいいし、ルールなしの汁物に頼ってもいいのです。××しなければならないという思い込みを捨て、やってみたらイケたというレシピを増やしていきましょう。

 本書で紹介している意外な味噌汁の具材は、「イワシ水煮缶+キャベツ+ニンジン+エリンギ+ブナシメジ」「フノリ+豆苗+油揚げ」等々。適当な印象もありつつ、おいしそうな匂いもしてきます。
  • 1
  • 2

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網