戻る


フィギュア「高橋大輔」プロデュースのマンションが完売、地元からは冷ややかな声

「建築家になりたかった」

写真拡大

 昨夏、1年間限定での電撃復帰を発表した高橋大輔(32)。バンクーバー五輪銅メダリストのファンは熱狂的な女性が多いことで知られるが、彼女たちの潤んだ瞳は、浅草の街にも向いている?

 高橋選手がトータルコーディネートしたのは、「スカイコート ディベルテ浅草」。浅草駅周辺の雑踏から徒歩十数分、およそ1キロの距離に建つ。周辺は、すでに観光客の姿は途切れ、どことなく寂寥感が漂っている。それなのに、と、ある不動産業者が語る。

【写真】トータルコーディネートしたマンションを紹介する「高橋大輔選手」

「いま、女性からの問い合わせが殺到しているそうなんですよ。地上13階建てで、部屋は25平方メートルから40平方メートルの1人暮らし向き。売り出しを担当するスカイコート社が、投資型とうたうワンルームマンションです」

「建築家になりたかった」

 今年4月完成で、5月入居開始の予定とのこと。1月に行われた物件発表記者会見で、高橋選手は、

「完成して購入者様からのいい評価が得られたら、4回転ジャンプ(成功)より嬉しいかもしれないです」

 と語っていたが、そもそもなぜ、氷上の貴公子はマンションを手がけたのか。

靴の問屋街

 高橋選手が所属する「ユニバーサルスポーツマーケティング」担当者の説明。

「以前受けたインタビューで、“スケーターになっていなかったら建築家になりたかった”と話したことがきっかけです。スカイコート社創立50周年事業のトータルコーディネーターとしてのオファーをいただきました」

 なるほど。それからは、

「建築士や施工チームのアドバイスを頂きながら、地鎮祭への参加、イメージコンセプトやテーマカラーを選定。コンセントの位置や数、照明など内装へのアイディア等も提供、選定を致しました」

 彼のセンスがふんだんに盛り込まれ、赤と黒を基調とした外観らしい。が、そんな物件を地元の不動産業者は冷ややかに眺めている。

「昔からこの界隈は、日本でも有数の靴の問屋街でしてね。1階が作業場、2階で暮らすという家ばかりでしたから、高層マンションを快く思わない人も結構いる。投資用物件といっても、東京五輪が終わったらガクンと値が下がるのは目に見えてるでしょ。埋まらないんじゃないの」

 ところが、購入を検討している女性によると、

「総戸数35戸が“完売”の状態で、2月中旬に抽選が行われることになっているんです。価格は、7階までの24戸が1Kで3千万円ちょっと。それより上階が1LDKで4千万円台です。このあたりの相場よりも500万円以上お高いのに、やはり、高橋選手プロデュースが効いているんでしょうね」

 上々の滑り出しのようだ。銀盤での滑りも、この調子でいけるかどうか。

「週刊新潮」2019年2月21日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網