戻る


沖縄県民が今も「旧暦」を使い続ける歴史背景


奄美や沖縄ではまだまだ旧暦のサイクルを尊重している(写真:sasuke/PIXTA)

日本では、1872(明治5)年に「改暦の詔書」によって、旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に切り替わりました。ですが、今も旧暦を使い続ける地方があります。それが沖縄県です。沖縄に住む人々が旧暦を使い続ける理由とは?

日本では新暦に忠実なあまり、旧暦は隅に押しやられてきましたが、実はまだまだ旧暦のサイクルを尊重している地域もあります。それは奄美や沖縄です。

旧暦が残り、独自の文化を持つ沖縄のカレンダーは、「旧暦カレンダー」と銘打ったものでなくとも旧暦の記載が当たり前。年中行事や吉凶の判断などに重要な役割を果たしています。

そのような沖縄のカレンダーの中でも、とくに代表的なものに東洋易学学会総本部編纂の「沖縄琉球暦」というものがあります。その中に、どうして沖縄では旧暦が残り続けているのかを推察するヒントが記されていました。明治政府が沖縄県に対して日本の年号と暦の普及を図った際、本土への抵抗感が強かった県人の間ではひそかに中国で使われていた太陰太陽暦(時憲暦)を使う者もいたそうです。

今も生き続ける「独自の文化」

というのも立地的に中国に近い沖縄では、時憲暦に基づく暦が1674年に初めてつくられ、それ以降明治初期に至るまで刊行されていたのです。また、琉球国の時代に中国に朝貢し、毎年暦を受領していた影響が強く残っているようです。

本土への抵抗感もあったでしょうし、奄美や沖縄などの南西諸島はほかの地域よりも中国文化の影響を強く受けたこともあるでしょう。何より沖縄では暮らしに旧暦が根付いて独自の文化を築き上げており、現代まで残ったのだと思います。

沖縄に残る行事の一例を見てみましょう。旧正月(ソーグヮチ)、清明祭(シーミー)、旧盆(ウンケー)という3つの大きなイベントがあります。

旧正月は旧暦の日付で行われ、また1月3日ごろのハチウクシー(初起し)と呼ばれる仕事始めの日も盛んに祝われています。清明祭は二十四節気の1つである「清明」の時期に行われます。新暦でいうと大体4月4〜5日ごろで、お墓に親族が集まってお供えや食事をします。旧盆は旧暦の7月13〜15日の3日間行われます。旧正月と旧盆は地域差があり、それぞれに独自の伝統や習慣があります。

旧暦の3月3日も祝いの日です。この日はひなまつりにあたりますが、沖縄では女性にまつわる祝いが行われます。浜下り(ハマウリ)と呼ばれ、村人がこぞって浜に出かける風習となっています。

また、長寿祝いもタイミングが違います。日本各地で地域差がありますが、一般的に想像する長寿祝いといえば還暦(60歳)・古希(70歳)・喜寿(77歳)・傘寿(80歳)・米寿(88歳)・卒寿(90歳)・白寿(99歳)ぐらいでしょうか。一方沖縄では還暦を満60歳(数え61歳)で、米寿(トーカチ)を数え88歳で祝うことは同じですが、ほかの祝いが異なります。

すべて数え年ですが、73歳、85歳、97歳で祝いを行います。これらの祝いには共通点があるのですが、わかるでしょうか。実はこれ、自分の干支が巡ってきている年なのです。

これらのお祝いは還暦とあわせてトゥシビー(生年祝い)というものに由来しており、沖縄では重要なイベントとなっています。トゥシビーは数え年で祝うので、つまり数え年13歳で初めてのトゥシビーを迎え、25歳、37歳、49歳と祝っていきます。そして、数え年の61歳で還暦を祝い、73歳、85歳も祝い、最後のトゥシビーとされている97歳はとくに盛大に祝います。

97歳の祝いはカジマヤーと呼びますが、これは沖縄では風車を意味するので、祝いの席では風車をもつ姿も多く見受けられます。毎年9月7日に行われるのが慣例になっています。

このほかにも沖縄には独自の行事がさまざまありますが、これらは沖縄に根付いた暦としてカレンダーだけでなく、「沖縄手帳」という地元で販売されている手帳にも掲載されています。スケジュールを考える際にもこのようなものを見る必要性があることを考えても、旧暦がなければ沖縄での生活が成り立たないということがよくわかります。

島独自の「砂川暦」とは?

沖縄における旧暦文化の根付き方がわかったところで、沖縄独自の暦をもう1つ紹介したいと思います。宮古島で使われていた「砂川(うるか)暦」というものです。

砂川というのは島の南部にある地名で、その周辺で使われていた絵暦が砂川暦です。このなかで使われていた記号を調査すると面白いことがわかりました。この記号が「天人文字」という記号に類似していたのです。


天人文字とは、1713年に完成した『琉球国由来記』に「この国に天人が降臨し、ぞくに時双紙(ときそうし)という占書を教えたときに、文字も教えられたという。その字は数百あった。しかし天人が教えた占書を占者が間違ってもちいたので、大いに怒り書を引き裂いて天に昇ってしまったため、その残片が残った。それを巫覡(ふげき)が月日の選定にもちいており、その文字の例がこれである」(意訳)と記載されていた文字です。そして基本となっている暦には旧暦が使用されていました。琉球国からの伝統が受け継がれていたことがわかります。

砂川暦には月日と曜日が記されていますが、その最大の使用目的は吉凶を知ることにありました。今でも旧暦が深く浸透している沖縄では、行事以外にも吉凶の判断に旧暦が重要な役割を果たしています。現代沖縄文化のルーツの1つをあらわしているのがこの砂川暦であり、琉球以来の伝統を今に伝える貴重な暦となっています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網