戻る


じわじわ広がる「点心」ブーム。あなたはいくつ食べられる?

写真拡大 (全9枚)

テーブルいっぱいに載った点心を楽しむ飲茶タイムの時間です。あなたはいくつ食べられる?

昨年は点心のお店が沢山オープン! 世界の美食家を虜にした点心から、本場香港から満を持して上陸した行列の絶えないお店まで、注目のお店を4軒ピックアップしてご紹介。

>>こちらの記事もおすすめ
人気復活!いまどきの飲茶レストラン事情

1. 広尾の大人気店の味がなんとビュッフェで!!

JASMINE和心漢菜|銀座

香港、大陸、和心漢菜からそれぞれ1品と月替わりの「今月の1品」の4種類の点心が楽しめる盛り合わせ。

北京ダック 林檎の甜麺醤で

銀座のランチどころに現れた「JASMINE和心漢菜」は、看板料理の“よだれ鶏”が有名な広尾の「JASMINE」が手がける新しいお店。なんとこのお店が昨年からランチ限定で飲茶オーダーバイキングをスタート。

気になるその内容は、前菜と季節の中華風ポタージュそして点心、さらに同店自慢の一品料理(11種類)に麺・ご飯もの(6種類)、そしてデザートという仕立て。前菜とポタージュ以外はほぼ全ていくらでもオーダーすることが可能(一部、1回のみのメニューあり)。中でも全20種類の同店渾身の点心メニューは2人の点心師を呼び寄せるほどの力の入れよう。人気メニューが豊富に揃ったバイキングでオーダーできるなんてとても贅沢!

銀座の中心で飲茶を楽しむならこのアドレスに決定だ!

◆JASMINE和心漢菜 飲茶オーダーバイキング
一人3,500円〜(飲み放題付きは5,000円〜)
※小学生は2,000円〜
90分制(60分ラストオーダー)

>>記事の詳細はこちらから
速報!JASMINE和心漢菜の飲茶オーダーバイキングに急げ!

2. スターシェフの点心を味わうチャンスがやってきた

ヤウメイ|有楽町

出典:出挙さん

出典:川井 潤さん

2018年11月にオープンした新名所「二重橋スクエア」に、世界的に有名なレストランプロデューサー、アラン・ヤウ氏が手がけた点心のレストラン「ヤウメイ」が日本初出店。こちらのお店は、ロンドンにある有名中華料理店「HAKKASAN(ハッカサン)」の立ち上げメンバーであるスーン氏をはじめ、アラン・ヤウ氏が世界各地からスターシェフを招聘し独創的な点心メニューを20品ほどに絞り込み提供している。

その中でも特に必食なのが「HAKKASAN」の代表的なメニュー「ヴェニソンパフ(鹿肉のパイ包み)」1,500円(税抜)。世界中の美食家を唸らせてきた点心をぜひあなたも味わって!

>>記事の詳細はこちらから
国内外の美食が勢揃い!丸の内の最新グルメスポットといえば二重橋スクエア

3. 香港の味を日本で!待望の点心が上陸

添好運(ティム・ホー・ワン)|日比谷

「ベイクド チャーシューバオ」580円

「大根餅」480円

フォーシーズンズホテル香港の広東料理店「龍景軒」の点心師を務めたシェフが、パートナーのシェフと共に“よりカジュアルに、日常的に本物の味を”という考えのもと独立し、2009年香港に創業した点心専門店「添好運(ティム・ホー・ワン)」が昨年4月に日本初上陸し連日長蛇の列が。

ここではテーブルに置いてあるメニューの中から食べたいものを一つずつ選んで頼める安心のオーダー制。ティム・ホー・ワンにきたら頼むべきは、チャーシューがぎっちり入った「ベイクド チャーシュー バオ」、テーブルで仕上げの調味料をかけてくれるライスロール「海老と黄ニラのチョンファン」、定番の「大根餅」に蒸しパン「マーライコウ」。

少量で沢山の種類が味わえる点心の数々をぜひ全品制覇したい。

>>記事の詳細はこちらから
4月8日オープン!日本初上陸の超人気点心レストランを満腹レポート!

4. 出来立てほやほや、サンフランシスコ発のモダン点心を召し上がれ

ダンプリングタイム 餃子時間|渋谷

キングダム(特大小籠包) 850円

今年の1月、サンフランシスコから日本初出店のモダン点心レストラン「ダンプリングタイム 餃子時間」がオープン。中国・西安から17歳で渡米した創業者のKash氏が、レストラン業界の経験を生かして展開するサンフランシスコ発の小籠包と西安餃子の専門店だ。
色鮮やかで美しい点心が並ぶメニューの中でも際立つ存在が、サンフランシスコ本店で人気No.1という「キングダム(特大小籠包)」。こちらなんと小籠包にストローをさして肉汁を吸い込むという驚きの味わいかた。一滴残らず肉汁を堪能できる! その他も彩り豊かで、ほうれん草を練りこんだ生地が特徴の西安水餃子やジャージャー麺もある。

サンフランシスコ在住のアーティスト、リア・ローゼンバーグ氏が手がけた内装も個性的。モダン点心を目でも舌でも存分に楽しんで。

>>記事の詳細はこちらから
小籠包の肉汁をストローで味わう!注目の“モダン点心”って!?

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網