戻る


ベンツ新型「Aクラス」にはVWゴルフじゃ出せない艶がある

全面改良したメルセデス・ベンツのAクラス(写真/時事通信フォト)

写真拡大

「ハイ!メルセデス」「どうぞ、お話ください」「いつもの音楽をかけて」──メルセデス・ベンツ新型「Aクラス」のテレビCMを見た人も多いだろう。クルマと会話できる先進機能ばかりが注目を浴びているが、その他の性能はどうなのか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が、「Aクラス」のライバルとなる小型BMW、VW(フォルクスワーゲン)との徹底比較を行った。

【写真】東京モーターショー「メルデセス」ブースの美女コンパニオン

 * * *
 メルセデス・ベンツの「Aクラス」がフルモデルチェンジを行い、2018年10月に日本での発売が開始となり、昨年末くらいから納車がボチボチと始まっています。

「Aクラス」は、メルセデス・ベンツとしては、最も小さなクルマですから、ブランドのいわゆるエントリーカーとしての役割があり、お値段も意外と抑えめです。今度の新型は、「A180」で322万円、装備を充実させた「A180 Style」で362万円というプライスタグがつけられました。

 そこで気になるのは、ライバルとの違いでしょう。

 ライバルとなるのは、BMWの「1シリーズ」。そして、欧州ハッチバックの雄となるVWの「ゴルフ」。この2台が「Aクラス」の最大のライバルとなります。

 お値段のほうはといえば、「1シリーズ」は「118i」が320万円、「118i Fashionista」と「118i M Sport Edition」が382万円。「ゴルフ」は「TSI Highline」が331.9万円、「ゴルフTSI Highline Tech Edition」が352.9万円。はかったように、3モデルとも300万円台前半と後半のグレードを用意しています。まさに競合ですね。

 ここで面白いのは、エンジン性能も、ほとんど同じということ。「Aクラス」の「A180」が、1.4リッター直列4気筒ターボ&7速DCTで、最高出力100kW(136馬力)・最大トルク200Nm。

 一方、BMW「1シリーズ」の「118i」が1.5リッター直列3気筒ターボ&8速ATで、最高出力100kW(136馬力)・最大トルク220Nm。「ゴルフ」の「TSI Highline」が1.4リッター直列4気筒ターボ&7速DCTで、最高出力103kW(140馬力)・最大トルク250Nm。乗った時に感じるパワー感の違いは、ほとんどの人が感じないはずです。

 ちなみに衝突被害軽減自動ブレーキやACC(アダプティブ・オート・クルーズ)などの先進運転支援システムも3モデルともに、しっかりと装備されています。とはいえ、細かい内容を見ると、最も新しいモデルである「Aクラス」の充実度が最も高くなっております。

 また、先進のUI(ユーザー・インターフェイス)という点では、新世代の対話型インフォテイメントシステムであるMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を搭載した「Aクラス」の圧勝です。

「ハイ!メルセデス」との声掛けでシステムが起動するMBUXは、メルセデス・ベンツとしても新型「Aクラス」で初めて採用したもの。これからメルセデス・ベンツの上級にも採用が広がっていく最新装備を、エントリーとなる「Aクラス」から採用したのも特徴のひとつといえるでしょう。

 つまり、「Aクラスはエントリーだけど、上級モデルよりも、最新の機能がある」というわけで、エントリーモデルでも胸を張って乗ることができます。なかなか憎い演出です。実際に、ドライバーの前に旧来のメーターフードがなく、大きなディスプレイが鎮座するインテリアには誰もが驚くはず。室内をチラリと見るだけで新型「Aクラス」がいかに先進的なクルマなのかが強烈に伝わってきます。

 インフォテイメントシステムや先進運転支援システムといったポイントは、やはり新しいクルマこそ有利な部分。フルモデルチェンジが2011年の「1シリーズ」や2012年の「ゴルフ」には苦手な部分です。とはいえ、どちらも改良というブラッシュアップを欠かしておらず、単体で見れば、今どきの装備がしっかりと備わっています。逆に言うと新型「Aクラス」が飛びぬけて、先進のイメージが強いのです。

 先進のイメージでは新型「Aクラス」には敵いませんが、「1シリーズ」と「ゴルフ」には、それぞれに他にない魅力的な個性が備わっています。

 まず、「1シリーズ」でいえば、このクラスで唯一のFR(フロントエンジン・リヤドライブ)方式という点が最大の魅力でしょう。他のモデルは前輪が駆動するFF(フロントエンジン・フロントドライブ)方式のところ、「1シリーズ」だけが、後輪で駆動するFR方式を採用しています。

 前輪を駆動するFF方式はスペース効率に優れているので、コンパクトなモデルには最適です。ところが、大型セダンやスポーティカーのほとんどがFR方式を採用するように、走行フィーリングという点ではFR方式が好まれます。

 そうしたフィーリングが、コンパクトなハッチバックでも味わえるのが「1シリーズ」の魅力です。ちなみに、次世代モデルは、MINIシリーズとプラットフォームが共有化され、FF方式になるという噂。FRの「1シリーズ」が欲しいならば、今しかありません。

 一方の「ゴルフ」の魅力は何かといえば、総合力です。そもそも、「ゴルフ」は「欧州ハッチバックは走りが良い」というイメージを作り上げた最大の功労者。その歴史は長く、「ゴルフ」から見れば、「Aクラス」や「1シリーズ」は、いわば新参者。強敵ではありますが、経験やノウハウという点では「ゴルフ」が上です。

 ハッチバックを作らせたら、フォルクスワーゲンほど得意なメーカーはありません。しかも、現行の「ゴルフ」は、輸入車として初めて2013−2014年の日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したほど出来のよいモデルです。まさにセグメントのベンチマーク的存在です。

 そんなクルマを、時間をかけてブラッシュアップしてきているのですから、走る/曲がる/止まるというクルマ本来の性能という点から見れば、文字通り円熟の境地。モデル末期とはいえ、今、「ゴルフ」を買う価値はたっぷりとあります。

 最後に「Aクラス」。先進性は大きな魅力ですが、新型「Aクラス」の魅力は、それだけではありません。嬉しいのは世界屈指のプレミアム・ブランドであるメルセデス・ベンツの世界観が備わっているところです。

 新型「Aクラス」は、小さくとも、高級感はたっぷりと味わえます。これは大衆ブランドであるフォルクスワーゲンには決してできません。スポーティを前面に押し出すBMWとも違います。強い先進感があっても、決して“艶”を忘れない。そんなメルセデス・ベンツの世界観を感じることができるのが新型「Aクラス」の最大の魅力ではないでしょうか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網