戻る


明日花キララが「女性向けスタイルブック」を出すワケ 担当編集者が語る“勝算”

『neo nude…』掲載カットより

写真拡大 (全3枚)

 明日花キララ(30)といえば、世の殿方ならば誰しもが知る“女優さん”である。2007年にデビューし一世を風靡する傍らで、アイドルグループ「恵比寿★マスカッツ」メンバーとしても活動してきた。そんな彼女が、このたび“女性向け”のスタイルブックを上梓したというのだ。

 ***

 “日本一男性を虜にした女優、明日花キララの1stスタイルブック”と銘打った『neo nude…』が発売されたのは、2月14日のことである。書名に“nude(ヌード)”の文字は踊るが、ご想像のようなエロは一切なし。彼女のファッションやメイクなどにフォーカスした健全な一冊だ。

 発行が「主婦の友社」というのもこれまた意外。一体、どんな経緯で“明日花キララ本”を出すことに……?

「そもそものきっかけは、主婦の友社から出している女性ファッション誌『S Cawaii!(エスカワイイ)』でした」

『neo nude…』掲載カットより

 と語るのは、担当編集の氏家菜津美さん。30代半ばで一児の母というから、こちらも“明日花キララ”のイメージからはちょっと遠い。

「去年のAUTUMN号で韓国コスメ特集を組み、“オルチャンメイク”や整形事情などを紹介したんです。その号の読者アンケートの『好きなタレントやアーティストは?』という項目で、いちばん挙がったのがキララちゃんの名前だったんです。特集に関心があって雑誌を手に取った読者の回答なわけですが、それこそローラさんを越える人気でした。キララちゃんの名前は知っていましたけれど、一般の女の子にも人気があるんだ、と。すぐに次の号に出てくださいとオファーしたんです。会ったらイイ意味でフツーの女の子でした」

明日花キララ1stスタイルブック『neo nude...』(主婦の友社)

 続く「WINTER号」では〈明日花キララさんをゲストに迎えたオトナ(ハート)S Cawaii!〉というコピーで、ゲストモデルとして登場。〈愛され“BITCH(ビッチ)”になる30のRULES。〉と題し、モテしぐさをレクチャーする特集も掲載された。これと前後して、出版の企画も立ちあがったという。

 フォトブックに携わった『S Cawaii!』の岡村明編集長も、氏家さんの提案をすぐに了承した。

「最初に提案されたときは少し意外と思いましたが、僕自身も気になる存在だったので、非常に面白い提案でした。男性ターゲットの世界で活動してきた方なのに、最近はなぜ女性にもこんなに支持されているのだろうと思っていたところに、女性の編集部員からの企画だったので、これはいけるのではと感じました。実際の制作においては、男性である私が変に入るのはよくないかなと思い、企画立案者である氏家にすべてを任せました。完成したページを見るたびに、ビジュアルの圧倒的な可愛さや今まで知らなかった本人の話など、驚きが多かったです」

『neo nude…』掲載カットより

 狙いは的中。発売前の段階で、アイドルやグラドルを軒並み抑えてAmazonのタレント写真集ランキングの上位に踊り出た。“予約は女性ばかり”という書店もあるという。

 雑誌で女性人気が判明し、書籍へ――。だが、そもそも彼女たちは、どうやって「明日花キララ」の存在を知ったのだろうか?

なりたい顔1位に

 担当の氏家さんはSNSの影響があると見ている。

「Instagramなどをチェックしている子たちは、いい意味でカワイイ以外のところに興味がない。ある芸能事務所の20代の子なんて、スマホの待ち受けがキララちゃんでしたから。極端な話、名前や属性を知らなくても、かわいければフォローするんですよ。キララちゃんをフォローしていながら、彼女をグラビアアイドルだと思っていた編集部員もいたほどです」

 その知名度は、こんなところでも伺える。昨年末に「高須クリニック調べ」として発表された「美容整形でなりたい芸能人・有名人顔ランキングベスト」で、「明日花キララ」が女性部門のトップに選ばれたのだ(高須院長のご子息・幹弥氏がブログで発表)。2位以降に続くのは橋本環奈、広瀬すず、今田美桜……と錚々たる顔ぶれ。この結果には、彼女自身もTwitterで喜びのコメントをツイートしていた。

「彼女は“歌舞伎町の女の子ならみんなが憧れる存在”。自分で稼いだお金を自分のために使う子たちの目標だと思うんです。そんな彼女は自己プロデュースの天才。誌面内で私服を紹介する企画があるのですが、『シンプルな服は持っていない』『人とかぶらないものを着る』そして『着回しはしないの』というだけあって、すべて高価な代物。登場する服をぜんぶ合わせれば、億は軽く超えるでしょうね。1500万円の時計がありますし。ちなみに自宅には、オートクチュールの350万円のドレスもあったんですが、スタジオまで持ち運ぶのが恐いので、掲載は見送りましたが……。そういったブレナイところがキャリア志向の女性からも支持される理由だと思います」(氏家さん)

 その点は、岡村編集長も太鼓判を押す。

「ハイブランドの洋服ももちろんたくさん持っていますけれど、いわゆる最先端のコレクションブランドもチェックしていて、本当に服好きだというのを感じました。あと、興味深かったのが、本書の中で、ドンキホーテなどのバラエティショップで売っている日本酒の化粧水を紹介しているんです。とても高い化粧品と同時にリーズナブルなアイテムが並んでいて、値段とか関係なしに自分にとっていいものを選んでるんですよね。そして、常にアンテナを張っているんだと思います。そういった感覚が、一般の女のコと同じであり、同時に憧れられる要素なのかなと。今後、この本をきっかけに、改めて彼女のことを知ってもらえれば、彼女自身がもっともっと人気者になっていくと思うので、これからも注目していきたいですね」

 氏家さんイチオシは、本邦初となる幼少期の写真が掲載されたページである。今と変わらない幼キララと並んで、若き日のパパとママも顔出しで登場している。メンズのファンならば、インタビューも要注目。現在、本業のほうは休業中だというのだ……。

「キララちゃんは、『初めて家族に見せたい本ができた』と言っていました。男性が持つイメージ、女性が持つイメージはそれぞれあると思いますが、その両方が彼女の魅力だと思います」

週刊新潮WEB取材班

2019年2月19日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網