戻る


厚労省、「医師少数県」指定へ 全国約3分の1

厚生労働省は少なくとも15の県を「医師少数県」に指定し、医師の確保に向けた対策を集中的に実施していく方針を固めた。医師が都市部などに偏って地方の病院で不足する問題を解消しようとするもので、2036年までに偏在の解消を目指す。NHKニュースが報じた。

少数県に指定される見通しなのは、全都道府県のおよそ3分の1にあたる岩手県や新潟県、静岡県など少なくとも15の県で、これらの少数県では2036年に合わせて2万4000人余りの医師が不足すると推計されている。

一方、東京都や京都府など少なくとも15の都府県は「医師多数都府県」に指定され、2036年には合わせて1万8000人余りの医師が過剰になると推計されており、厚生労働省は少数県への医師の移動を促していきたいとしている。

・あなたの地元は「医師少数県」? 全国約3分の1を指定へ(NHKニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網