戻る


シャウエッセンが「レンジ解禁」 時短ニーズ受け「急な手の平返しを、お許しください」

シャウエッセン公式サイト

写真拡大

日本ハムの「シャウエッセン」の歴史が変わった。同社はこれまで、熱湯でのボイルを薦め、電子レンジでの調理を控えるよう告知してきたが、方針を180度転換。公式サイトなどで、レンジ調理を「解禁」すると宣言したのだ。

この解禁宣言は、2019年2月15日にシャウエッセンの公式サイトに掲載された。冒頭に踊るのは、「シャウエッセンは、手の平を返します」という大文字だ。

「急な手の平返しを、お許しください」

今回の発表ではまず、これまではレンジ調理を推奨してこなかっただけでなく、「加熱し過ぎて破裂してしまうことを恐れ、『禁止』さえしておりました」と告白。その上で、

「しかし、今はカンタン調理が求められる時代。世の中の時短ニーズをうけ、繰り返し、繰り返し、テストした結果、加熱時間の目安を定め、ついに『解禁』することになりました」

と経緯を説明している。

また、レンジ調理はソーセージの脂が閉じ込められるため、ボイルとはまた違った濃厚な味になるともアピール。続けて、

「『禁止』から『解禁』へ。心配し過ぎたがゆえの、急な手の平返しを、お許しください」

と理解を求めている。

これまではパッケージ上でも「皮が破れる恐れがありますので、電子レンジやオーブンでの加熱はお控えください」としていたが、こうした記載も変更。2月上旬から順次切り替えている新パッケージでは、レンジでの調理説明を新たに追加している。

それによると、加熱時間の目安は3本の場合は500Wで30秒、600Wで20秒。6本の場合は500Wで60秒、600Wで40秒。皿に移した上で、ラップをかけて加熱してほしいとしている。

「感激のお知らせです!」

1985年の発売から30年超。それだけのロングセラー商品だけに、「ついに」とも言えるレンジ解禁には、インターネット上でも驚きや歓喜の声が続々と。ツイッターには、

「シャウエッセン...マジかよ...これからはレンジで良いの...!」
「そもそも禁止されてんの知らなかったw」
「単身赴任のおじさんには感激のお知らせです!」
「わいもシャウエッセンのレンジ調理はいろいろ心配して出来なかった。公式のお許しが出たならこれからはガンガン買って食べよ」

との反応が出ている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網