戻る


張本氏、池江璃花子の白血病に「娘を持つ親は心が張り裂けそう」生放送で声震わせ

張本勲氏

写真拡大

 野球解説者の張本勲氏(78)が、競泳女子の池江璃花子(18)が白血病を公表したことについて、17日のTBS系生番組「サンデーモーニング」で「娘を持っている親は、胸が張り裂けそうですよ」と同情した。

 「有名な競泳選手だからね、オリンピックに出る選手だからじゃなくてね、18歳の若い乙女がね、医者に宣告された時、どんな絶望感と、どんなショックでしょう。また、親が、自分のせいじゃないかと、自分を責めているようなことを考えればね、娘を持っている親は、胸が張り裂けそうですよ」と、鼻をすすり、声を震わせて自分のことのように同情。張本氏自身、娘を持つ親でもある。

 「不治の病じゃないから。岩下(白血病から復帰した当時オリックスの岩下修一投手)も(復帰は)早かったですから。日本はね、医学がたいへん優秀ですから。寄って集まってね、早く治してあげたい。それと、念には念を入れてね、世界に筆を回してね、早く治してあげたい。早く治って。ただただわれわれは祈るだけですよ」と、回復を願っていた。

 阪神の掛布雅之SEA(63)は「水泳の神様は復活というすごいドラマを作ってくれるんじゃないかなと信じたいですね」と期待していた。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網