戻る


愛された錦織、大会公式が“粋な日本語54文字”で労い「錦織選手のことが好きに…」

ワウリンカに敗れた錦織【写真:Getty Images】

写真拡大

人気急上昇? 4強敗退も…大会公式が日本語ツイート「また来年会いましょう!」

 男子テニスのABN・AMROワールドは16日、シングルス準決勝で第1シードの世界ランク7位・錦織圭(日清食品)は4大大会3勝の同68位スタン・ワウリンカ(スイス)に2-6、6-4、4-6で惜敗。今季2勝目はならなかった。しかし、第1シードとして挑んだ初参戦の大会で人気は急上昇。大会公式ツイッターは「ロッテルダムは錦織選手のことが好きになりました」と日本語で労っている。

 惜しくもファイナルに届かなかった。4大大会3勝を挙げる名手ワウリンカとのフルセットの激闘の末に敗戦。しかし、錦織らしいテクニックも随所に見せるなど、ロッテルダムのファンを沸かせた。そんな第1シードの人気ぶりを表すように大会側も粋な計らいを見せた。

「残念ながら決勝戦まで行けなかったけど、ロッテルダムは錦織選手のことが好きになりました。また来年会いましょう!」

 こうつづった文面はすべて日本語。錦織に対する愛情を表している。今大会はオランダのナショナルカラーと同じオレンジのウェアでプレーしたことがファンを喜ばせていると地元放送局のインタビューで質問を受けるなど、ロッテルダムの心をがっちりと掴んでいた。

 優勝こそ届かなかったが、初参戦の大会で4強進出し、最新の世界ランクで6位浮上することが確定した錦織。確かな印象を残し、次戦のドバイ選手権(25日開幕)に向かう。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網