戻る


狭い部屋が広くなる!いますぐできる「部屋の模様替え」のコツ4つ

今回は、狭い部屋を広くなって使いやすくなる!部屋に模様替えするためのコツ4つを、相談実例を使ってご紹介します。

皆さんは、お部屋が狭いのは、狭い間取りのせいで仕方ないと思っていませんか?

しかし意外にも、多くの方は家具の配置ミスから、部屋を狭く使っていることが多いのです。

1. 人の動く「動線」には、家具を置かない

ご相談にいらしたAさんは、40代女性、家族構成は、ご夫婦と中学生の息子さんがいらっしゃいます。

家の間取りは、LDK+和室・洋室・寝室の4LDK。都心に近い、木造3階建ての築15年の戸建て住宅です。

「リビングダイニングが狭いので何とかしたい!」という、お悩みでした。

Richman21 / PIXTA(ピクスタ)

都心の戸建て住宅は、土地が狭小になりやすく、そのため、各階の面積が小さくなりがちです。

Aさんのご自宅も例外ではなく、2階リビングが小さく、また約2.45m×5.25mと細長いため、たいへん使いにくい形をしています。

LD間取り図を見てください。

赤の矢印で示したものは、人が動く「動線」です。

この動線ですが、動線同士がぶつかったり、またはなにか障害物が置いてあると、当然ですが不便です。

そして、お部屋の印象を、実際以上に狭くします。

階段からリビングダイニングへ、またリビングダイニングから階段へ移動する赤い動線に、1人掛けチェアやマガジンラックがぶつかります。

こちらを通る際は、常に1人掛けチェアをダイニングテーブルにしまうなど、とても不便です。

またマガジンラックを移動しても、1人掛けチェアとキッチン壁が近いため、たいへん窮屈です。

2.「出窓」には、物を置かない

出窓の部分に、物を置いているご家庭も多いと思います。

horiphoto / PIXTA(ピクスタ)

しかし、出窓は外壁から飛び出して取り付けられているため、外気温の影響をまともに受けます。

そのため寒い日は、室内側に結露を起こします

travelers.high / PIXTA(ピクスタ)

結露水はガラスを伝わり、サッシ枠にたまり、ダニ・カビの発生源となります。

出窓に物を置けば、この結露の被害を受けます。

出窓の結露は、サッシを断熱性能の高いものに交換しないと完全には防げません。

しかし、少しでも軽くするためには、出窓の手前に断熱カーテンまたは内窓(2重サッシ)をつけ、ガラス面に暖かく湿った空気が触れるのを防ぐのが効果的です。

LD間取り図を見てください。

こちらのケースでは、赤○で示した出窓の部分に物を置いています。

結露の被害はもちろんですが、出窓の手前には家具もあり、物を取り出しにくい状況でもあります。

3.「収納量の多い家具」を配置する

収納家具の選択を間違えると、面積ばかりとられて、思ったような収納量を確保できません

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

収納量が足りないと、物がうまく片付けられません。

こちらのLD間取り図を見てください。

リビングチェストやシェルフなどの収納家具を、きちんと壁に配して並べられています。

しかし、どの収納も窓に向かって配置しているため、背の低い収納家具になっています。

そのため、設置面積をしめているのに、十分な収納量が確保できていない状況です。

また、緑○で示した家具は、壁に向かって配置しているため、背の高い棚を置くことができています。

しかし幅が57と狭いため、同じく十分な収納量が確保できていません

4. 部屋の「動線」を確認し、「家具」の種類・配置を見直そう

こちらのお部屋は、形が細長く、また窓や動線など、家具を置きにくい間取りが、狭さの原因になっていました。

そこで家具の種類・配置を見直し、問題点を改善してみました。

背の低いこまごました収納家具は高さのある収納にまとめ、空間をスッキリさせる。ダイニングテーブルは、壁際に寄せ、スムーズな動線を確保する。テレビは位置を変え、高さがミドルタイプのAVボード上に設置。出窓に置いてあったものは、別の収納に動かし、またカーテンは分割して取り付け、断熱効果を高め、結露を軽くする

上記の4つのポイントを意識すると、以下のようにお部屋がスッキリ広く、使いやすくなりました。

いかがでしたか?

今のお部屋が狭いと感じる人は、動線や、家具の種類・配置を見直してみてください。

いままであきらめていたお部屋の可能性に、気づくことができますよ。

(しかまのりこ)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網