戻る


行った気になれる!台湾スイーツ&フードの人気店12選in日本

見た目はビール、実はお茶【原宿】台湾茶カフェ彩茶房

彩茶房岩塩チーズ四季春茶 Mサイズ 500円

「台湾茶カフェ彩茶房(さいさぼう)カスケード原宿店」は、台湾発の新しいお茶の楽しみ方を伝えてくれる注目のカフェ。気になるのは、ビールみたいな見た目が人気な「彩茶房岩塩チーズ四季春茶」。黄色の部分は「四季春茶」という台湾茶、白い泡は濃厚なチーズクリームなんです!ちなみに台湾茶は四季春茶・鉄観音茶・密香紅茶の3種類から選べる本格派。

飲んでるだけで、SNS映え【銀座】Cha Nova(チャノバ)

蜂蜜タピオカミルクティー 750円(テイクアウト用ボトル付き)

銀座のお店「Cha Nova(チャノバ)」は、手ごろな価格で本格的な台湾茶が味わえると行列ができる人気店。こちらで評判なのが、テイクアウト用エコボトル。お茶+200円で購入できて、飲んでるだけでかわいいとSNSで話題です。緑茶、青茶、烏龍茶、紅茶など、さまざまな台湾茶をベースにして、蜂蜜やレモン、牛乳や豆乳、タピオカなどのトッピングを選んで、自分好みにカスタマイズできるのも人気です。

フォトジェニック台湾茶の代表格【自由が丘】THE ALLEY

盆栽タピオカミルクティー Mサイズ 648円

東京のオシャレな女子はみんな飲んでるの?っていうほど、この鹿さんマークをみかけるフォトジェニック台湾茶の代表格「THE ALLEY(ジ アレイ)」。職人さんが手作りするこだわりの特製タピオカは、やみつきになるモチモチ感。おすすめは「盆栽タピオカミルクティー」。濃厚なアッサムミルクティーに、甘さ控えめの生クリームと盆栽の土に見立てたココアチップ、そしてミントがのっています。味と見た目に、ほっとくつろげます。

できたてタピオカは、ひと味違う【新宿】台湾甜商店

(写真左から時計回りに)芋圓(ユーユェン)芋満足 896円、綜合豆花(ソウゴウトーファー)896円、芒果雪花冰(マンゴーシュエファービン)1058円

できたてのタピオカって食べたことありますか?新宿駅前にある台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」では、タピオカを毎日10回以上仕込み、提供してくれます。そんな台湾の味を楽しむなら「芋圓(ユーユェン)」がおすすめ。台湾直輸入の「芋圓」は、タロイモやサツマイモなどお芋をつかった伝統的なお菓子。タピオカと一緒に食べると、お口のなかがもっちもちパラダイスに。やさしい味わいでつるつるいただけちゃいます。

本場の茶藝館にいる気分【吉祥寺】月和茶


吉祥寺豆花 680円

吉祥寺にある「月和茶(ゆえふうちゃ)」は、本場の茶藝館みたいと人気のお店。レトロな台湾を感じさせてくれる店内でいただけるのは、オーナーの楊さんこだわりのお茶や、台湾スイーツ&フードたち。なかでも味わいたいのが、豆乳を使ったスイーツ「豆花(トゥファ)」。こちらの豆花は、マンゴーのお餅やハトムギ、ピーナッツの煮物など、たくさんの具材で、食べるだけで健康&ハッピーになれそうです。

さわやかフルーツとの競演【新宿】騒豆花

イチゴバナナ豆花 1280円

台湾伝統スイーツ豆花の専門店「騒豆花(サオドウファ)」。台湾でも行列ができるほどの人気店が「新宿ミロード」にオープンしました。食材や機材も直輸入。本場の豆花が味わえると話題です。ぜひいただきたいのが、旬のフルーツとコラボレートした豆花。豆乳のまろやかなコクに、フルーツのさわやかなアクセント、もちろんプリプリのタピオカも…くせになるやさしい甘さにココロもいやされそう。

小龍包といえば、ここ【横浜】鼎泰豐(ディンタイフォン)

小籠包 605円(4個)

ニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」のひとつに選ばれた「鼎泰豐(ディンタイフォン)」。台北にある本店でも、こちらの小籠包(しょうろんぽう)を食べたいお客さんでおおにぎわいですが、日本にも現在20店舗。透けそうなほど薄い皮をつまみ、やさしくそーっといただくと肉のうまみがぎゅーっとつまった深い味わいのスープがあふれだします。一度食べたら忘れられない台湾フードですね。

台湾ママの味【池袋】線條手打餃子専門店

如意餃子702円(1人前)※写真は3人前

池袋駅から徒歩5分ほど。台湾家庭料理が楽しめる「線條手打餃子専門店」があります。“本場台湾”“ヘルシー”というお店の看板通り、季節の野菜で色づけされたカラフル餃子がSNSで話題です。緑はヨモギ、オレンジは唐辛子、黄色はウコン、ピンクはビーツと紫キャベツ…季節ごとに餃子の皮に使われる野菜も変わります。台湾ママの愛情がこもった家庭料理を味わいに、池袋を訪れてはいかがでしょう!

台湾のすき焼き!?【六本木】焼鍋 まつ岡

焼鍋 3218円(1人前)

六本木にあるお店「焼鍋 まつ岡」では、台湾生まれの鍋料理が人気。中央がポッコリと山型になったお鍋をつかっていただきます。中央でごま油に漬け込んだ豚肉を焼き、へこんだ部分でカツオととんこつベースのあっさりスープにお野菜を煮込みます。お肉が焼けたら、できあがり!たまごベースの特製ダレにつけて食べると、やみつきになるおいしさ。

台湾茶をおよぐ金魚【京都】CHARM VILLA

金魚ちゃんティーバッグ 3300円(6個入り)

スタイリッシュな台湾デザインを体感したいなら、京都の二条通沿いのお店「CHARM VILLA(チャームヴィラ)」を訪れて。「台湾の古きよきものをリデザインし、生活を魅力的に」をコンセプトに掲げる、台湾のクリエイティブブランドが2013年に発表したのが、厳選した台湾茶葉を入れた金魚型のティーバック。茶葉やデザインはもちろん、店内のムードも洗練されていて、台湾の最先端を味わえるお店です。

太陽の日差しいっぱい台湾の恵み【南青山】サニーヒルズ

パイナップルケーキ 1500円(5個入り)

台湾土産の代名詞といえばパイナップルケーキですが、いまとっても洗練されておしゃれに進化していて話題になっています。「サニーヒルズ南青山店」は、そんな本場の人気店。日本製小麦粉、フランスエシレ産発酵バター、そして最もあまーい時期に収穫した無農薬の台湾産パイナップル。上品な味わいは台湾茶といただくと、絶品!のひとこと。青山の裏路地にあるお店は、隈研吾氏設計の美術館のような建物なので、ぜひ訪れてみて。

究極のふわふわ食感【高円寺】新カステラ

(写真・左)プレーン 680円、(写真・右上段より)生クリーム入り 880円、※ホウレン草カステラ 生クリーム入り 1100円。※印は月替わりの限定メニューで、現在販売されていません。

高円寺駅南口を出ると、パッと目に飛び込んでくる黄色の建物。台湾発、日本進化系の「新カステラ」のお店。もともと台湾の淡水地域の名物で、屋台などでも売られている台湾では昔なじみのお菓子だそう。ふっわふわで、スフレのような蒸しパンのような…日本人にとっては新感覚!やさしい甘さのプレーンと、生クリーム入り、月替わりの限定品の3種から選べて、一度食べるとやみつき。売り切れ次第終了なので、電話で予約するとベターです。

●掲載の内容は 取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

●この記事は、『るるぶ&more.』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網