戻る


日ハム栗山監督、新人コンビに頬緩める 吉田輝&柿木は「非常にいいスタート」

紅白戦に登板した日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】

写真拡大

吉田輝には「やっぱり楽しみだなという感じがあった」も…「これから一生褒めないかも」

 日本ハムの栗山英樹監督が、ルーキーコンビの実戦デビューを高く評価した。16日、沖縄・国頭村の「かいぎんスタジアム国頭」で1、2軍合同の紅白戦を実施。ドラフト1位ルーキー吉田輝星投手とドラフト5位の柿木蓮投手が先発マウンドに上がり、昨夏の甲子園決勝の再現となる投げ合いが実現。吉田が1イニングを投げて大田にソロ本塁打を浴びるなど1安打2四球で1失点。一方の柿木は打者3人をきっちり三者凡退に切った。

 先にマウンドに上がった吉田は1失点。先頭の西川は142キロの真っ直ぐで二ゴロに打ち取ったが、続く大田には1ボール1ストライクからの3球目、143キロを完璧に弾き返され、センターバックスクリーンへと飛び込むソロ弾を浴びた。清宮は初球、この日最速の144キロを二ゴロ。横尾、渡邉にフルカウントから連続四球を与えたが、鶴岡は143キロで空振り三振を奪った。1回を投げて1安打2四球で1失点だった。

 一方、吉田輝のあとに登板した柿木は、先頭の浅間を141キロで中飛に打ち取ると、続く松本も141キロで二ゴロ。最後は王柏融をこの日最速の143キロで一ゴロに仕留めて、三者凡退。上々のデビュー戦となった。

 紅白戦を終えた栗山監督は、両投手の内容を高く評価。まずは「結果どうのこうのより、非常にいいスタートを切ったなという凄く安心しているというか……」と総括。そしてそれぞれ個々への評価を口にした。

「輝星はまだバラバラなところもあるけど、タイミングが合えば本当に良い球来るし、非常に楽しみ。変にまとまるよりも、あれくらい荒れているほうが、やっぱり楽しみだなという感じが見たかったんで、今日だけかもしれないけど、褒めるのは、これから一生褒めないかもしれないけど、持っているものの大きさは感じられたので凄くいいスタートを切ったと思う」

「柿木はやっぱりああいうピッチャーでしょう。みんなが計算している中で全国制覇できるピッチャーの感じを存分に出してくれた。非常に楽しみだなという感じが持てたのでよかったと思います」

 荒削りながらポテンシャルの高さを感じさせた吉田輝、甲子園春夏連覇に導いた完成度の高い柿木。それぞれの投球内容は対照的ではあったが、指揮官にとっては見応え十分だったよう。2人について語る栗山監督の表情は明るかった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網