戻る


又吉直樹「僕はお笑いしかできない」彼が見つけた日常の中にもある“絶景”

又吉直樹 撮影/吉岡竜紀

写真拡大

「この瞬間も、綾部なら何かに向けて動き続けているんだろうなと想像がつくし、相方の存在は励みになります」

【写真】又吉直樹の雰囲気のあるかっこいいショット

 '17年に相方の綾部祐二が、活動の拠点をニューヨークに移したことで、コンビの活動を休止中のピース・又吉直樹。そんな彼が、『キングオブコント』覇者のライスなど、面白いと思った人だけに声をかけて集めたという、お笑いユニット『さよなら、絶景雑技団』の公演が今年も決定!

僕はお笑いしかできない

「コンビでやっているときはコンビの仕事を優先していたし、個人の仕事を含めて綾部に委ねて、彼の活動に乗っかってやらせてもらっていた感じです。でも相方が日本にいなくなってしまったので、僕自身が行動に移さなきゃいけない。

 何がやりたいのか? と考えたときに、真っ先に思いついたのがコントライブだったんです」

 単身、見知らぬ土地で奮闘する相方から刺激を受けているようだ。

「アラフォーになって、夢を追って海外に行くのは甘いみたいな声も聞きますが、綾部なら絶対何かやってくれそうだなって。横でずっと見てきましたが、あんなにサボらない人間は見たことがないですから。

 何事にも貪欲で、常に動いていたいタイプ。スケジュールで休みがあると、マネージャーに“何でもいいから仕事を入れてくれ”って電話をしますからね。綾部がニューヨークで頑張っているんだから、僕も動かなきゃいけないな、と'09年に立ち上げたけど、しばらく休んでいた『さよなら、絶景雑技団』の活動を、昨年再開することにしました」

 '15年には初の中編小説『火花』で芥川賞を受賞。現在も毎日新聞の夕刊で、小説を連載中。また昨年開催された、宇多田ヒカルの国内ツアーでは、共同でショートフィルムを制作するなど活動は多岐にわたるが、「僕はお笑いしかできない」とキッパリ。

「宇多田ヒカルさんなど、他ジャンルの方との会話は刺激になるし、ネタを作るうえでもよい影響は受けていると思います。小説を書いたり、報道番組なんかもやらせてもらったけど、僕自身はお笑いしかできない。

 寿司店で見事だなって思うのが、ラストの大トロを美味しく食べられるように、絶妙なバランスで一品料理などを挟んでくるじゃないですか。ずっと大トロを食べていても飽きるでしょうし。それと一緒で、お笑い芸人としてベストな表現をするために、小説などの活動もやらせてもらっているという感覚です」

 “絶景”をテーマにしたユニットだが、又吉が考える絶景とは?

又吉が考える絶景とは

「九州の花火大会に行ったとき、企業提供の大きな花火が続く中、“〇〇、結婚しよう!”というプロポーズとともに、個人による花火が打ち上がったんです。それまでとは比較にならないぐらい小さな花火に、僕は笑いながらも、泣きそうになって。そしたらその場にいたお客さんたちが、それまでのどんな豪華な花火よりも大きな拍手をして、そのプロポーズを盛り上げようとしてくれたんです。

 そのときに民衆の力、企業の資本にも打ち勝つ“愛の力”を感じて、めちゃくちゃ感動したんです。だから絶景って、富士山などのような美しい景色だけじゃなく、日常の中にもあるものなんだなって思います」

 出演者には、かつて同居していた向井慧(パンサー)や児玉智洋(サルゴリラ)の名前も。もう一緒に住む予定はない?

「関係性は今でも変わっていません。僕自身は今の家が1部屋空いているので、後輩と住むのは全然アリ。ただ、僕が後輩にキツく言わないから、後輩芸人としての動きができなくなってしまうらしく。

 ほかの先輩芸人から怒られてしまうみたいなので、それは向井や児玉にとってよくないな……と。逆に向井なんかは平気で僕に“又吉さんつまんない”とダメ出しをしてくる。だから僕は後輩に面白いと思われたくて、こうして頑張れるんですけどね(笑)」

『さよなら、絶景雑技団2019本公演』
出演/ピース又吉、しずる、ライス、サルゴリラ、パンサー向井ほか。
3月22日〜24日、東京・三越劇場。
前売り6000円。当日6500円。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網