戻る


男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選

ヌイグルミと自動車の合体という斬新すぎるコンセプトも

 きゃわゆいカー。あるいはぬいぐるみカーとも呼ぶべき分野が存在することは、皆さんご存じのことだろう。女性向けに開発された超フェミニン&ラブリーなクルマたちのことだ。

 その源泉をたどると、いわゆる「女性仕様車」がその元祖。古くは60年代のブルーバードに、オルゴールを装備した「ファンシーデラックス」なるバージョンがあり、それが国産女性仕様車の嚆矢であるらしい(海外では不明。スマン)。ただし当初は、内装や装備を女性っぽくしたのみで、エクステリアデザインは標準車のままだった。

 昔から男は、女装を恥ずかしいことと捉えるケースが多い。近年はジェンダー差別排除の流れもあり、一概にそういう目で見てはいけなくなったが、女性仕様車やきゃわゆいカーに乗ることを恥ずかしいと感じる男性はまだ多い。

 そこで今回は、男が乗ったら恥ずかしいと感じる可能性の高いクルマを、5台ばかり選んでみた。

1)ダイハツ・ミラ ハローキティバージョン

 女性仕様車の発展形として、つとに有名なのが、ダイハツ・ミラ存在した「ハローキティバージョン」だ(ムーヴにもアリ)。外観や内装に小さなハローキティがちりばめられていたが、キャラクターが小さいので、離れて見れば気づかない可能性もあった。

 しかし、サイドのピンク色のキティちゃんはそれなりに目立つし、ソレがハローキティバージョンだとバレた瞬間のことを思うと、男が乗るにはかなりの蛮勇が必要だった。

2)ダイハツ・ムーヴラテ

 ムーヴラテこそ、初の”デザインから丸ごと女性仕様”ではなかろうか。丸っこくてきゃわゆいデザインは、まさに元祖ヌイグルミカー!

 ムーヴラテが登場した当時(97年)、私はそのデザインを見て、恥ずかしいというより気持ち悪くなってしまった。ヌイグルミと自動車の合体という斬新すぎるコンセプトに、三半規管が狂ってしまったのだ。青かったオレ。

 いま振り返っても、ムーヴラテの極端なまでにきゃわゆいフォルムは、ぬいぐるみ系の頂点をいきなり極めていた。

オッサンもかわいくなれるクルマも存在!

3)ダイハツ・ミラココア

 ムーヴラテの生産終了後、中継ぎ? として登場したのが、このミラココアだ。ただし、ボディの角Rは若干とがったので、ヌイグルミ度はほんの少し落ちている。

4)ダイハツ・ムーヴキャンバス

 車名からして、ムーヴラテの直系の後継モデルと言えるのがコレだ。ただし、VWバスを連想させるツートンカラー&エクステリアのため、クルマ感が上昇しており、その分ぬいぐるみ感は緩和されている。個人的には、「これならオッサンもかわいくなれる!」ということで、いつか欲しいと思っている。

5)ダイハツ・ブーンスタイル

 丸いお口はまさにヌイグルミ系! きゃわゆすぎる! ただしきゃわゆいのは顔だけで、サイドやリアはブーンそのもの。あんまりかわゆくないでちゅ。

 このほか、歴代スズキラパンと、現行のダイハツミラトコットが女性向けだが、この2台は「極端なきゃわゆさは、じつは女性は求めていない」というコンセプトで、ラパンはレトロ系、トコットは脱力系と呼ぶべきではなかろうか? うむうむ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網