戻る


ポケモンGO、訴訟でポケストップやジムの場所変更を余儀なくされる可能性


 
スマートフォンの人気ゲーム「ポケモンGO」開発のNianticが、集団訴訟によりポケストップやジムの削除、もしくは場所変更を余儀なくされる可能性があります。エンターテインメント業界メディアVarietyが集団訴訟の和解案を公開しています。

100メートル以内に新設なら許可が必須

現地時間2月14日にカリフォルニア州の裁判所に提出された集団訴訟の和解案が認められれば、今後Nianticは、米国在住者が所有または賃貸する不動産の100メートル以内にポケストップもしくはジムを新設する場合、必ず許可を得なければなりません。
 
また、現在ポケストップやジムから40メートル以内に住む一戸建て住宅の所有者から苦情があれば、苦情があった日から5日以内にポケストップやジムを削除する、私有地への不法侵入や騒音などの苦情があれば15日以内に返答する、レイドバトルで10人以上が集まる場合は、レイド参加者のスマホ画面に周囲に迷惑をかけないよう警告するメッセージを表示するといった、さまざまな条件が提示されています。

公園では開園時間を遵守

さらに公園にポケストップやジムを設置している場合、その場所の「開園時間」が適用されます。たとえばある公園が午前8時から午後8時まで開園している場合、その時間以外は公園のポケストップやジムは利用できなくなります。

他人が私有地に侵入してきたという苦情も

集団訴訟和解案によれば、最初(2016年7月)にポケモンGOについてNianticを訴えたのはニュージャージー在住のジェフリー・マーダー氏です。同氏はポケモンGOがリリースされた週に、少なくとも5人の赤の他人が「裏庭にいるポケモンをキャッチさせてほしい」と突然訪ねてきたとし、その後もスマホを片手に勝手に私有地に侵入する人が後を絶たないと苦情を申し立てています。
 

View this document on Scribd

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網