戻る


「ZOZO株価」4875円→1698円 株式評論家は今後の株価をどう見ているか?

前澤友作社長

写真拡大

投資家が疑問視する“成長性”

 前澤社長、これから当分、黙って仕事してください――株式市場は、こんなメッセージを発信したのかもしれない。ZOZOの株価が上昇に転じており、関係者の注目が集まっている。その主役が“ツイッター”だというのだ。

 ***

 2月7日の午後2時ごろ、ZOZOの前澤友作社長(43)はツイッターに「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくツイッターはお休みさせてください」とツイートした。

 すると1700円台で推移していた株価が、1800円台にまで上昇したのだ。

 3連休明けの12日も続伸。最後は1848円で取引を終えた。18年7月18日の4875円には依然として遠いが、前澤社長とZOZOにとって朗報だったのは間違いないだろう。

前澤友作社長

 しかし、専門家は決して楽観視していない。株式評論家の植木靖男氏は、「まだまだ信号は赤か黄。個人投資家の皆さんにお勧めできるような青信号ではありません」と指摘する。

「減益のショックは、今も尾を引いています。実際のところ、ZOZOの経営状況を考えると、本来は1800円台でも割高感があるはずです。本当の底値は1500〜1600円台が妥当でしょう」

 果たして今後もZOZOは順調に成長を続けるのか、投資家は確証が持てないのだ。

「オンワードがZOZOから撤退したことは、大きく報道されました。結局、アパレル業界は、ZOZOに二重価格を強いられています。自社の通販サイトの価格より、ZOZOのほうが安くなってしまう。『更にアパレルメーカーの離反が続くのでは?』と、投資家は慎重になっているのです」(同・植木氏)

株式市場は“疑心暗鬼”

 投資家も人間だ。冷静に分析をすることもあれば、感情に突き動かされることもある。ZOZOの株価復活を阻む要件の1つに、個人投資家の前澤社長に対する“反感”も無視できないという。

「前澤社長が月旅行を発表したり、100億円の還元を行ったことに、投資家が異議を示すようになってきたのです。増収増益なら何も言われないでしょうが、実際は減益です。『そんなカネがあるなら、株価を回復させろ』と怒りが爆発してしまう。要するにCM効果より、世論の反感が上回るようになったのです。前澤さんが、しばらくツイッターを休むと宣言したことで株価が上昇したのは、決して偶然ではありません」(同・植木氏)

 個人投資家の年齢層も重要だ。日本証券業協会が2016年に発表した調査によると、個人投資家の56%が60歳以上のシニア層。彼らは“電子商取引”に批判的な考えを持つ傾向が強いのだ。

「『試着しなくともスーツが家に届きます』というメッセージを、20代や30代は歓迎するでしょう。しかし年輩の投資家は、『やっぱりスーツは自分で試着して購入したい』と考えてしまう。ZOZOの理念がシニア層に届きにくい傾向があることも、株価回復を阻む要因になると思います」(同・植木氏)

 とはいえ、2月12日、ZOZO株の出来高は約2600万株。植木氏は「これほどの規模ですと、市場が底値と判断した可能性があります」と指摘する。

「ZOZO株は人気があるので、前澤社長が楽観的な見通しを発表したりすれば、すぐに上昇する傾向があります。実際、短期的には2200円台となる可能性も充分にあるでしょう。一方で、『本当のところ、ZOZOの業績はどうなんだ?』という疑心暗鬼が市場には燻っています。今後ももみ合いの続く株価になるのは間違いないでしょう」

 ZOZOの株価上昇は、東京市場全体で買い戻しが行われたことに、うまく乗れたという側面もあるようだ。12日午後には1856円と更に値を上げたが、その後は下落。15日は1677円からスタートするなど、まさに植木氏が指摘した「もみ合い」が続いている。

 果たしてZOZOが売上という“実力”で株価を戻すことができるのか、多くの注目が集まっている。

週刊新潮WEB取材班

2019年2月16日 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網