戻る


もはやガソリン車すら生き残れない? クリーンになってもディーゼルに立ちはだかる厳しい壁

パリ市内の大気汚染水準は北京に近づいているとのデータも

 ディーゼル乗用車の販売が、欧州で低下している。かつて市場の50%前後を占め、70%近くあった地域もあったが、それらが30〜40%台へ低下している。

 1997年にトヨタがプリウスを発売したとき、欧州自動車メーカーは「エンジンとモーターの両方を搭載するなど一時しのぎの技術」と笑い、ディーゼルエンジンの普及に努めた。

 ディーゼルエンジンは、1999年の東京都のディーゼル車NO作戦にみられるように、2000年前後の排ガス状況ではまだ大気汚染をもたらす水準にあり、東京都も含め日本は先見の明があった。

 では欧州がなぜ、それまでの小型車中心から上級車種にまでディーゼル乗用車販売に力を注いだかといえば、小型車で実績のある技術を応用するだけで燃費を改善でき、余計な投資をせず儲けられるからだ。また、欧州の各都市は日本ほど人口が密集しておらず、都市自体の規模や数も小さい。そこで、ディーゼル排ガスによる大気汚染を消費者が意識しにくかったともいえる。

 だが、関東に過ごす私の目からすれば、当時すでに欧州の都市部は地平線に光化学スモッグが発生しはじめていた。

 世界人口が、19世紀末の16億人から75億人に達する今日、欧州の都市人口も増加の一途であり、そこでディーゼル車が数多く走れば一気に大気汚染が進む。たとえばパリ市内の大気汚染水準が、中国・北京と同等であるとのニュースも伝えられてきた。ここにきて、ようやく欧州の人々もディーゼル排ガスの課題に気づいたのである。

エンジン車が生き残れる道は確実に狭められている

 今日の排ガス基準は、ガソリン車と同等の水準となって、大気汚染物質の排出は改善されている。とはいえ、ゼロではない。またガソリン車に対しても、直噴エンジンではディーゼル同様の粒子状物質を捉え、排出の数を減らすガソリン・パティキュレート・フィルターの装着が欧州では必要になっている。

 ディーゼルのみならずガソリンも含め、エンジンに対してとめどない排ガス規制が進んでいるのである。2040年にはフランスとイギリスでエンジン車の販売禁止が予定されている。もはや、エンジン車が生き残れる道は狭められている。

 そうしたなか、日本では輸入車を中心にディーゼル車に乗る消費者が増加している。欧州に大気汚染をもたらしたディーゼル車を、もっと大都市化が進む日本でなぜ愛用するのか。ディーゼルターボ車は、低速トルクが太く発進しやすいうえ、高速道路でもわずかなアクセル操作で追い越しできると運転の楽さを訴えかけるが、モーターならもっと快適だ。なおかつ排ガスゼロ(ゼロエミッション)で、大気汚染も気候変動も抑えられる。

 火力発電が主力の今、効率のよいエンジンであればウェール・トゥ・ホイールでのCO2排出量がEVと同等との見解もあるが、そもそも発電も排ガスゼロを目指さなければ今日起きている異常気象は収まらないのである。

 消費者の賢い選択が求められている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網