戻る


墜落事故で死亡…サラの遺体、故郷アルゼンチンに到着

墜落事故で死亡…サラの遺体、故郷アルゼンチンに到着

写真拡大

ナントからカーディフへの移籍が決まった直後、飛行機事故によって死亡したアルゼンチン人FWエミリアーノ・サラ。

『Tyc Sports』などによれば、彼の亡骸はすでに母国に戻ったという。

遺体は現地金曜日にブエノスアイレスのエセイサ国際空港に到着しており、土曜日に故郷プログレソで葬儀などが行われるそう。

カーディフのCEOケン・チュー氏とニール・ウォーノック監督、ナントDFニコラ・パロワも現地に飛んだとも(カーディフは今週試合がない)。

プログレソにはサラが一番最初に所属したサッカーチームもあり、そこでも彼の死を悼む会が執り行われるようだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網