戻る


【海外発!Breaking News】お腹の赤ちゃんが無脳症と診断された夫婦 臓器提供を決意し出産 「限られた命の娘に一生分の愛を注いだ」(米)

臓器提供を決意して、無脳症の子を出産した夫婦(画像は『Inside Edition 2019年2月11日付「Mom Carries Terminally Ill Daughter to Full Term to Donate Her Organs」(C. Tilley Photography)』のスクリーンショット)

写真拡大

我が子の誕生を心待ちにしている夫婦にとって、胎児の異常を医師から宣告されることほど辛いものはないだろう。昨年12月24日、米テネシー州の女性が無脳症の女児を出産した。長くは生きられないと知らされてもなお、カップルは我が子の誕生を迎え、臓器を他の赤ちゃんに提供した。『PEOPLE.com』『Inside Edition』などが伝えている。

テネシー州ブラッドリー郡クリーブランドに住むクリスタ・デイヴィスさん(23歳)とパートナーのデリック・ラヴェットさん(26歳)は、クリスタさんが妊娠18週の時に医師からショッキングな宣告を受けた。

それは、お腹の胎児が無脳症であることだった。頭蓋骨や脳が正常に発達せず、その一部もしくは大部分が欠如していることから医師に「赤ちゃんは生まれても、30分も生きられないでしょう」と伝えられ、カップルは愕然となった。

実は、クリスタさんは過去にも流産という辛い経験をし、妊娠が困難な状態だった。その中で今回の妊娠が発覚し、カップルの喜びはひとしおだったために、この宣告が大きなショックだったことは想像に難くない。事実を受け入れるのが辛い中で、医師からは「今すぐ陣痛促進剤を使って出産するか、臨月まで待って臓器提供するか」という2つの選択を促された。

クリスタさんとデリックさんは後者を選択。お腹の娘が無脳症とわかった後も、普通にマタニティーフォトを撮り、「どんな姿で生まれてきても、お腹の中にいる間は大切に育ててあげたい」という気持ちを持って、できる限り妊娠生活を楽しむことにした。

そして昨年12月24日、クリスタさんは妊娠40週と2日目でライリー・アルカディア・ダイアン・ラヴェットちゃんを出産した。医師からは、へその緒を切ると無脳症の赤ちゃんはすぐにでも死ぬ可能性があると言われていたが、ライリーちゃんは医師の言葉を裏切り、1週間生き続けた。12月31日の最期の瞬間まで、クリスタさんとデリックさんは病院でライリーちゃんと片時も離れずに過ごした。この時の様子を回顧し、クリスタさんは次のように語っている。

「娘が生まれた瞬間、愛おしさで胸がいっぱいになりました。これまで自分が生きてきて、誰にも感じたことのない気持ちでした。我が子を産むということは、これほどの愛情が湧くものなのかと思いました。娘は、生まれてから一度も泣き声をあげることはありませんでした。息を引き取る最期にだけ、体内の酸素レベルが著しく低下したんでしょう、娘はかすかに泣き声をあげました。医師には生まれても30分ももたないだろうと言われていたのですが、1週間も生きてくれたことは奇跡です。娘はずっと笑ってくれていて、本当にいい子でした。私たちは、許される限り娘をずっと抱きしめて過ごしました。限られた命の娘に、一生分の愛情を注いであげることができたと思っています。」

その後、ライリーちゃんの両肺は研究病院へ提供され、心臓弁は「Tennessee Donor Services(テネシー州ドナーサービス)」を通して2人の赤ちゃんに移植された。愛する娘の死から1か月半が経った現在、クリスタさんはメディアでこのように心情を吐露した。

「娘を失ったという事実は、今でも耐え難く辛いままです。でもこの1か月間、娘のことをシェアし、同じ状況にいる母親たちの救いになれたことはよかったと思っています。それに何より、娘の臓器によって他の子供2人が生きるチャンスを与えられたことを嬉しく思います。私たちの娘が、どこかで誰かの体の一部となって生きていると思えるのは素晴らしいことです。6か月後には、娘の臓器が誰に提供されたかを知ることができるということなので、とても心待ちにしています。」

画像は『Inside Edition 2019年2月11日付「Mom Carries Terminally Ill Daughter to Full Term to Donate Her Organs」(C. Tilley Photography)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網