戻る


本当にこの人でいい? 婚活で決めた男性の最終決断ポイント

結婚という目標のために頑張ってきた婚活。ある程度の成果が出てくるとスタート時点とは違った不安が出てきます。それは、本当にこの人でいいの? という疑問。後悔しないために大切な部分を見直してみましょう。

婚活で決めた男性の最終決断ポイント

1. 彼と将来の話ができる

結婚した場合どこに住むのか、仕事はどうするのか。二人が一緒にいる時、未来の計画がスムーズに進められるなら安心です。結婚した後のほうが、付き合っている時より選択肢ばかりの毎日が続くもの。もちろん意見が合わないことがあるかもしれませんが、話し合いができる彼なら問題が起こったとしても乗り越えられます。
反対に、彼の意志が全くない、お互いに頑固過ぎて話が進まないなどは結婚後も困ってしまうかも。

2. 彼が働くことに関して常識的

結婚となるとどうしても気になってしまうものが、彼の年収。数字よりも重視したいことは、「働くことに関して常識的か」という点です。
例えば「現在年収がいいのに、無謀な夢を語ることがある」「そもそも働くことが嫌いでズル休みが多い……」など。仕事に対してちょっと非常識だなと感じる部分があると、生計を共にした後にもっと不安になってしまうかもしれません。

3. 彼の交友関係を知っている

彼がどんな友達、もしくは同僚と仲がいいか知っていますか。友達付き合いの様子は人間性を垣間見せてくれます。また、どんな人と交流があるのか知っていると、彼が出かける時も安心して送り出せますよね。
反対に「彼の友達を全く知らない」「どこに行っているのかもわからない」など、人間関係が謎過ぎる場合は後になって驚かされることもあるかもしれません。彼から友達の話題が全くない場合はさりげなく話をふってみましょう。

4. 理由もなく怒ることがない

「約束を守らなかった」「嫌味を言ってしまった」など、彼を怒らせる原因があっての喧嘩は当然。ちゃんと喧嘩することで伝わることも多くあります。
そんな理由があっての喧嘩ならプラスですが、さっきまでニコニコしていたのにいきなり「不機嫌になる」「怒り出す」など、予測がつかない爆発は疑問。彼は感情のコントロールがうまくできないようです。そのうち、彼の機嫌をうかがうようになると毎日ストレスになってしまいます。

5. 二人で一緒にいて楽しいと思う

二人で一緒にいる時、楽しい、落ち着くなどプラスの感情がありますか。ドキドキしてずっと大好きという恋愛感情がなかったとしても、二人でいると楽しいなと思えるなら正解。
「結婚相手が好みのタイプではない」と悩む人もいるかもしれませんが、長い結婚生活では、相手の内面が見え過ぎてしまって外見のほうは気にならなくなってきます。外見も大切ですが、楽しいなという感情は何よりも相性を示しています。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網