戻る


キンコン西野氏の「えんとつ町のプぺル」、今度はフィギュアガチャになって登場


自分で自由に彩色できる

株式会社キャステムは15日、キングコング西野亮廣氏がプロデュースした絵本『えんとつ町のプペル』のガチャを設置すると発表した。

『えんとつ町のプペル』は絵本に始まり、展覧会やVRコンテンツ、謎解きゲーム、モバイルバッテリーなど、バラエティ豊かな展開を見せている作品。

今回はフィギュアになり、主人公の「プペル」と「ルビッチ」が初めて出会うシーンや、西野氏が簡略化して描いた「プペル」と「ルビッチ」がガチャで手に入る。また、通常フィギュアはデュラブルレジンの材質だが、鉄に虹色の着色を施したシークレットもある。


簡略化デザイン

ガチャの設置場所はキャステム京都LiQビル1F(京都市右京区)で1回500円。

株式会社キャステム
価格:1回500円
URL:http://www.castem.co.jp/kyoto_liq_bldg/
2019/02/15

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網